「夢は宣言すると叶う」

そんなことを誰かが言っていました。

でも、私は思っていました。「そんなの無理だよ」と。

だって、そんなこと言うの恥ずかしいし。

無理じゃんとか言われてしまったら、めっちゃネガティブになるし。

身近な人に夢を宣言するって、けっこうハードルが高いと思います。

だから、夢を叶えたいという気持ちは、こっそりと心の奥に潜めて過ごしていました。

ブログに出会うまでは。

夢はブログで叫べばいい

ブログは、本当に面白いツールです。

私にとって、身近な人に夢を語るのは難しかったですが、ブログに書くのであれば、あまり抵抗はありませんでした。

なぜって、ほとんど誰も読んでいませんでしたから。

ブログを始めたばかりの頃なんて、Googleアナリティクスを見ても、微々たるPV。

夢を書いたりしても、ほとんど「虚空に向かって叫んでいる」ようなものです。

でも、誰も読んでいないからこそ、自分の考えていることを気軽に書くことができました。

ただ、ブログの面白い点は、ここからです。

虚空に向かって叫ぶだけなら、跡形も残りませんが、ブログは跡形がちゃんと残ります。

自分の知らない間に、検索やSNSなんかで私のブログを見つけて、本当にありがたいことに興味を持ってくださる方もいらっしゃいました。

最初は周りに誰もいないと思っていたのに、しばらくして気づいたら、応援してくれる人、似たような興味を持っている人が、そこにいたんです。

ブログは「拾う神様」とのご縁をむすぶ

「捨てる神あれば、拾う神あり」といいます。

自分の周りにいる人が、「捨てる神様」なのか、「拾う神様」なのか。ドリームキラーなのか、応援してくれる人なのか。それは、自分ではコントロールすることができません。

もし捨てる神様に、自分の夢を語ってしまったりなんてすると、もうボロクソに言われて、再起不能になってしまうかもしれません。

でも、ブログに夢を書き続けることによって、あなたの書くコンテンツに興味を持つ「拾う神様」とのご縁を作っていくことができます。

ブログの一つひとつの記事は、私にとっては、「拾う神様」とのご縁を作ってくれる扉みたいなものです。

夢を実現しようと思ったら、ブログで宣言すればいい。

最初は虚空に向かって叫んでいるだけでも、必ず「拾う神様」は現れるものです。