先日、車で走っていたら、いきなり変な音がするようになりました。

「ゴムがこすれているような音」です。

「ん? 変だな」と思ったので、すぐに車を路肩に駐車して、様子を見てみました。

わお。パンクです。フロントの左のタイヤが。

 

自動車保険付帯のロードサービスで解決

さて困った。

こうした場合、自動車保険にロードサービスを付帯していれば、それで対応することができます。

真っ先に、保険会社に連絡をしました。

このとき、次の情報が必要になるので、事前に整理しておきましょう。
●保険の証券番号、もしくは、車のナンバー
●場所は、どのあたりか
●どういう状況になっているか

特に、知っている場所ならともかく不案内なところだと、位置を正確に伝えるのが難しいこともあります。スマホでマップアプリなどを使って、事前に大まかな位置を確認しておきましょう。

もし、公共性の高い建物、学校や病院、役所、駅などがあれば、保険会社に「○○小学校の近くで…」というように言うと、簡単に、しかも正確に伝えることができます。

今回は、少し市街地から離れた場所でしたが、最初に電話を入れてから40分弱でロードサービスの方が到着。20分ほどでスペアタイヤへの交換をしてくれました。

突然タイヤがパンクしてから、約1時間後。再び走れるようになりました。

 

料金はもちろん無料

料金については、自動車保険付帯のロードサービスなので、無料でした。(ただし、無料なのは一年で何回までと回数制限があったりするので、ご確認ください)

スペアタイヤは、もともと車に積んであったものなので、無料。

また、自動車保険は、「使うと等級が下がって翌年から値段が上がる」という経験をされた方も多いと思いますが、「ロードサービスの使用だけ」ならば、値段が上がることもありません。

つまりは、今回のケースでは完全に無料で対応できました。

ただ、パンクの仕方から修理は不可能で、もともと積んであったスペアタイヤは、応急用の細いタイヤだったので、後日、ちゃんとしたタイヤを購入する料金はかかってしまいましたが。

 

保険は上手に

今回、自動車保険のロードサービスを自分で使うことになって、本当に助かりました。

普段は、「痛い出費だなぁ」としか思えない保険ですが、やっぱり必要な部分はあるなぁと思います。

安くない保険、必要な部分を考えて、上手におつき合いしたいものですね。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!