こんにちはー。萩貴史です。

「時間ができたら、英語を勉強しよう」

「お金が余ったら、貯金しよう」

…なんて言いながら、一週間、一ヶ月そのまんま。

何回繰り返したでしょう。

数えるのも嫌になります。

その時は、本気で「いつか余裕ができる」って思ってたんです。

けど、いつまで経ってもやってこない。

そうしたら、その答えをとある本で見つけたんです。

パーキンソンの法則

その本というのは、こちら。

もう絶版になってしまっているので、中古でしか手に入りませんが。

この本で提唱されているパーキンソンの法則は、

第1法則

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

身も蓋もない言い方をすれば、

時間もお金もあるだけキッチリ使い切る。「あまる」なんてない。

です。

見に覚えがありすぎて、思わず笑ってしまいました。

じゃあ、どうすればいいでしょう?

「あまる」のを期待せずに、せいぜい「予約」しておくしかありません。

時間を予約する

他の人と約束をする前に、仕事のスケジュールを入れる前に、自分との約束をスケジュールに入れ込んでおきます。

自分の未来の時間を予約するわけです。

コツは、「パターン化しておく」こと。

一回時間を予約したら、他の予定が入りそうになっても、「すみません、そこは先約があって…」と言えないといけません。

そのためには、分かりやすい形で、自分の時間を予約しておくほうがいいです。

例えば、「毎日21:00~21:30は自分のための時間」

「毎週火曜日の午前中は自分のための時間」といったように。

どんな形でもいいんですが、「毎日」や「毎週」とパターン化したほうが、覚えておきやすいですよね。

お金を予約する

お金も予約しておきましょう。

「あまっている10,000円」のまま置いておくと確実に消えてしまいます。

あまってる10,000円じゃなくて、「予約済みのお金」に変えちゃいましょう。

例えば、「洗濯機を買い換えるための積立金10,000円」にする。

「子どものクリスマスプレゼントのための10,000円」でもいいでしょう。

とにかく「あまってる」じゃなくて、用途を決めてしまう(=予約する)

用途を決めたら、封筒に取り分けたり、銀行の口座を別にしたりして、物理的にも分けておきましょう。

そうすれば、「いつの間にか消えてなくなっている」は防げます。

まとめ

ほんとう、「余っている」って厄介です。

心のなかで「余っているもの」ってラベルを貼った瞬間に、時間もお金も、扱い方が雑になってしまうんですよね。

自分の時間も、お金も大切に使いたい。

だから、僕はなるべく「あまっている」を作らないようにしているんです。