こんにちは。萩貴史です。

今回は、「貯金をストレスなく続ける方法を、1つだけに絞るなら」をテーマにお送りします。

貯金、しておきたいですよね。

けど、そのために節約をしたり、お金の管理をしたりすると、セットになってガマンとかストレスが付いてきたりします。

「これ、買ってもいいかなぁ」

「買うだけの価値があるかなぁ」

以前の僕は、毎回、自問自答を繰り返して買い物をしていましたし、ちょっとしたムダにも敏感でした。

ムダを減らせば、もっと貯金できるのに

当時の僕は「ムダに使わなければ、もっと貯金を増やせるのに」と思っていました。

もっと貯金できる金額を増やしたい。

だって、そろそろ家電を買い換えないとだし。

車を買い換えるタイミングだってくるし。

子供の教育費もあるし。

ムダなものは極力減らして、貯金にまわしておきたい。

けど、そうすると買い物するときにいちいち、自問自答なんですよね。

「これ、買って失敗しないだろうか」

「これ、ムダなんじゃないだろうか」

欲しいものが出てきたときに、毎回、自問自答して、ガマンすることも結構ありました。

いやー、めちゃくちゃストレス。

頑張って貯金することの”副作用”

ムダに目を光らせていますから、確かにお金は溜まるんです。

けど、全然楽しくない。

それに、あんまり節約を頑張ってお金を貯めると、”副作用”がやってきます。

貯金を取り崩すのが、すごく嫌になったんです。

「せっかく頑張って貯めたお金」だと思うほど、使えない、使いたくない。

でも、それじゃあ何のために貯金しているのか全然わかりませんよね。

「なにかがおかしい」

このままじゃマズイと思った僕は、ものすごーくシンプルな一つのルールを決めました。

僕を救ったシンプルなルール

僕を変えてくれたシンプルなルールは、こう。

「使うお金と貯めるお金。この2つをあらかじめ完全に分ける」です。

「使うお金」と決めた分は、節約しないで使い切る

具体的には、毎月、収入が入ってきた瞬間に「貯めるお金」と「使うお金」を完全に分けます。

「貯めるお金」は、銀行と証券会社に入れておきます。

▼証券会社に入れるのは、投資用です。

お金に稼いでもらおう!僕がインデックス投資をする理由

残った分を「使うお金」にします。

いったん「使うお金」と決めたものは、一切節約や貯金を考えないことにするんです。

もう貯めるお金はきちんと取りわけたんだから、あんまり欲張らない。

使うお金だと決めた分は、節約も貯金も考えない。

ムダ使いだろうが浪費だろうが自由に全部使っていい、ということにしました。

そうしたら、それまで毎日、僕のなかにあった葛藤がウソのように薄れていきました。

まとめ

貯金をするためのコツは、「自動天引きなどを使って、自動的に貯金する仕組みを作ること」だと言われます。

その通りです。

それだけで間違いなくお金は貯まっていきます。

けど、「ストレスなく貯める」のを大事にするなら、僕はもう一言付け加えたいんです。

「貯めるお金」を取り分けた後の「使うお金」は、節約なんて考えずに気持ちよく使い切っちゃうこと。

いつもムダに目を光らせて、お金は貯まってるけどストレスが多い…そう感じる方は、一度試してみてくださいね。