こんにちは。萩貴史です。

4/15、強みを自覚しちゃうワークショップ「実はヒーロー!?」を開催しました。

そんなに「足りないもの」ばっかりにフォーカスする前に、もっと「持ってるもの」を見てみようよ。

そんな思いを込めたワークショップです。

  • 持ってる強みを自覚しちゃうワーク
  • 自覚した強みをもっと活用できるようにするワーク

2つのワークをしながら、ひたすら強みや魅力にフォーカスする二時間でした。

持ってる強みを自覚する

まずは持っている強みを自覚しちゃうワークから。

一番簡単に強みを知る方法

強みって本当に不思議ですよね。

だって、本人は全然自覚していなかったりするのに、周りの人からみたら一目瞭然なんですよ。

だから、一番簡単に強みを知る方法は「人に教えてもらう」こと。

けど、面と向かっていきなり「僕の強みってなんですかね?」なんて聞きづらいですよね。

ワークショップだからできる「安心して聴ける場」

だから、ワークショップを通じで「強みをお互いにフィードバックできる場」を作ります。

参加者の方に、それぞれ過去を振り返って「自分らしいシーン」「自分にとって意味のあるシーン」を5分だけ話をしていただきます。

そのストーリーを聴きながら、感じ取った強みにチェックをつけていくんです。

たった5分。

けど、5分で感じ取れることって意外とたくさんあるんです。

そのために必要なことは、ほんのちょっとだけ。

「強みを見つけるモード」にスイッチを入れて、相手の話を思いっきり聴く

それだけで、聴き方が全然変わって、相手の強みがポンポンと見えてくるようになります。

見つけた強みを活用しやすく!

強みを自覚するワークのあとは、見つけた強みを活用しやすくするワークへと移ります。

お互いにフィードバックした強みのリストを見ながら、「大切にしたい強み」「もっと活用したい強み」をピックアップ。

そして、その「強みを活用してる自分」に名前をつけてあげるんです。

名前ってすごく面白くて、名前をつけてあげると呼び出しやすくなるんです。

よくありますよね、心のなかで天使と悪魔がささやく、みたいな絵。

「天使」に名前をつけて、活用したいときには呼び出しちゃおうってわけです。

例:遊びココロを大切にしたいなら

例えば、僕の大切にしたい価値観は「遊び心」だったりします。

遊び心をもっと使いたい。忘れないようにしたい。

そう思ったので、「遊び心を思いっきり発揮している自分」に名前をつけてあげます。

どんな姿?

どんな声?

どんな…?

そうしたら、幼稚園くらいの自分の姿がイメージとして出てきました。

なんて名前にしようかなぁ。

いくつか候補を出して、結局「ジュニア」と名前をつけました。

自分の小さい頃の姿をイメージできる名前です。

困ったときに呼んでみる

いったん名前をつけてあげると、いつでも「その自分」を呼ぶことができます。

僕が悩んだときには、「ジュニアだったら何て言うかなぁ」と考えてみる。

「どう思う?」って聞いてみる。

そうすると返ってくる答えは「それって面白いー? 面白いならやろうよー」

損得とか、失敗しないかどうかとか悩んでいるところを、めちゃくちゃシンプルに一刀両断してくれたりするんです。

イメージでいうと、「名前をつけて保存」ですね。

「遊びココロを大切にしている自分」や「行動力にあふれてる自分」を「名前をつけて保存」しておいて、必要なときに呼んでみる。

呼び出して、「困っている自分」と「名前をつけた自分」で対話してみる。

普通の自問自答とは、ちょっと違ったやり取りができますよ。

まとめ

とってもあたたかな空気感で、笑いの絶えない、僕にとってもすごく居心地のいい二時間でした。

「安心できる空気」「自分を自由に出せる空気」ってやっぱりいいなぁ。

もっとこういう空気を味わえる場所を創っていきたいなぁ。

アンケートでいただいた感想

Aさん:前向きに自分の話を聴いてもらえる場は楽しかった。自分の強みを再認識できたのが良かった。

Bさん:意見をいつでも好きなときに言える空間でとても良かったです。褒めるときは、自分の感情をのせて伝えると、相手にも伝わりやすいし、嬉しさも大きくなると思いました。

Cさん:5分間、話を聴くだけで強みがにじみ出ていて、もっと深掘りしてみたくなった。最近、気分が落ち込んで、やる気がなくなっていたけれど、強みを指摘され、自身を取り戻すことができた。

Dさん:名前をつけるワークが面白かった。

いただいたレポート

▼一緒に広島ぶろがー会をしたり、コーチ仲間でもあるイチさんのレポート。

萩貴史さんの「強みを自覚するワークショップ」に参加しました!

▼引きこもりなのに超アクティブな、かずのこさんからいただいたレポート。

コーチはぎさんが開催するワークショップ「実はヒーロー!?」レポ

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!