こんにちは。萩貴史です。

最近、PCを買い替えました。

▼新しく買ったのは、ThinkPad T470Sです。

ThinkPad T470Sの使い心地は?一ヶ月でのレビュー

パソコンを買い替えたのにあわせて、前から考えていた計画を実行することにしました。

それは「もう母艦とモバイルPCを分ける必要なくない?一台で全部完結させようよ」プロジェクト。

2台、3台とPCを使っていると、やっぱりコストがかかります。

  • お金
  • メンテナンスの手間
  • ファイル移動や同期の手間

お金はもちろん、メンテナンスやファイル管理が…面倒くさい。

DropboxやEvernoteといったクラウドツールのおかげで随分スムーズになりましたが、「一台でそもそも同期不要」に比べたらやっぱり手間です。

しかも「我慢できないレベル」じゃないのがまた厄介で、ずーっと「まぁこれくらいの手間ならいいか」と先送りしてしまうくらいの手間なんですよね。

けれど、毎日使うものは妥協しないほうがいい。

今回、パソコンを買い替えたのはちょうどいいタイミングだったので、PC一台完結計画を実行することにしました。

PC一台で、モバイルと母艦を両方をこなせるように

今回、PC一台を母艦とモバイル兼用にするために大きかったのが、ThinkPadドックの存在です。

▼こんなやつですね。

ThinkPadドックは、

  • 載せるだけで、ドックにつないでいる周辺機器と接続できる
  • 載せるだけで、充電OK
  • 取り外しもボタンひとつ

ノートPCに、デスクトップのような拡張性をプラスしてくれるガジェットです。

これがなければ一台完結はたぶん挫折しているでしょう。

パソコンを一台完結させるのに最大のネックは、周辺機器でした。

  • 家では、いくつも周辺機器があるので、PCにコードが何本もつながっている
  • けど、PCを持ち出すときにはサッと取り出したい

これが問題だったんですよね。

家に帰ってきたら周辺機器のコードを全部つなげて…出かけるときにはコード類をいちいち外して…。

そんなの面倒くさすぎてやってられませんから。

ドックに「ガチャ」するだけなのは超快適です。

ThinkPadドックの種類

ThinkPadドックには、いくつか種類があります。

  • ベーシックドック
  • プロドック
  • ウルトラドック

詳しくはリンク先のオフィシャルサイトを見ていただければと思いますが、大きな違いはポートの種類や数。

ベーシックよりプロ、プロよりウルトラのほうが、ポートの数が多く種類も豊富になります。

参考:ThinkPad ベーシック・プロ・ウルトラドック

ThinkPadドックの使用感

今回、僕が導入したのはThinkPadウルトラドックです。

▼家に帰ってきたらThinkPadをカバンから取り出して、ドックにガチャ。

これだけで、ドックにつながっている周辺機器すべてと接続できます。

▼デスクトップPCとまったく同じ感覚で使えます。

▼家を出るときには、取り外しボタンを押して持ち出すだけ。

▼カギまでついていて、勝手にPCを外されないようにもできます。

あまりに普通にモバイルPCとしても、ドックをつないで母艦PCとしても使えてしまうので、「今までなんで2台使ってたんだろう?」って不思議になるくらいです。

ウルトラドックの思わぬメリット

もともと母艦PCとモバイルPCを分けずに、一台完結させたいと思って始めたことでしたが、いくつか思わぬメリットがありました。

  • モバイルPCの充電忘れがなくなった
  • テザリングが減り、iPhoneの通信量が減った
  • 同期する必要がなくなって、仕事がスムーズに始められるように

モバイルPCの充電忘れがゼロに

今までは充電し忘れて翌日「しまったー!」ってなることがたまーにあったんですが、ウルトラドックでThinkPadを使うようになってからは充電し忘れもゼロです。

デスクトップのように使ったら勝手に充電してくれますからね。

テザリングが減り、iPhoneの通信量が激減

また、ケータイの通信料が相当減りました。

今までは、モバイルPCを使うためにテザリングが必須で、けっこうな通信料を使っていました。

EvernoteやDropboxといったクラウドツールを同期しないといけなかったからです。

けれど、「PCを一台で完結させる」と決めたら、同期なんて必要ありません。

スムーズに仕事を始められる

同期がほとんど不要になったので、仕事の入りもスムーズになりました。

今までは、PCを立ち上げたら同期が終わるのを待って取りかかっていたんですが、もう待ち時間なんてありません。

これは特に、

  • データ通信ができない
  • できても通信速度が遅い

そんな環境で作業をせざるを得なくなったとき、「同期まだかー!?」ってイライラせずに済みますね。

まとめ

ThinkPadドックは1.5万円~2万円程度と少し高めですが、パソコンを2台買うのに比べたら断然安いですよねぇ。

結果的には、大満足!の一品になりました。

気になる方は、お使いのThinkPadが対応しているかどうかのチェックだけお忘れなく!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!