コーチをしていると、似ている仕事としてコンサルタントの名前が挙がることがあります。

仕事の性質はかなり違うんですが、確かに分かりにくいですよね。

私も、自分自身がコーチとして仕事を始めるまで、よく分かっていなかったなぁと思います。

そこで、今回は、コーチとコンサルタントの役割の違い、自分に合った人の選び方を考えてみたいと思います。

コンサルタントとは

コンサルタントは、もともとconsult(意見を求める)です。

肩書きとしては、「コンサルタント」とだけ名乗る人は少なくて、専門分野+コンサルタントって名乗るケースが多いですよね。

「不動産コンサルタント」「ITコンサルタント」等々。

コンサルタントは、専門分野の知識を使ってクライアントの問題を解決するのが仕事です。

例えば、時間管理コンサルタントなる人に、「やってみたいことがあるんですけど、実行できていないんです」なんて悩みを持っていくと、こんな会話になるかもしれません。

なるほど、やりたいけどできない、と。実行できない原因は何でしょうか。

時間がないんです。会社での残業が多くて、家に帰るともうクタクタ。それから何かをやろうって気力は残ってないんです。

それはもっともです。では、まず残業を減らす工夫を考えませんか? 残業が多くなってしまう原因は何でしょう?

そんなふうに、クライアントが「問題」を持ってきたら、その問題を解決するためにコンサルタントは話をします。

コーチとは

一方、コーチはもともと、coach(馬車)からきています。

馬車のように、クライアントが行きたい場所に行くのをお手伝いするのがコーチの仕事。

コンサルタントと違い、コーチは「専門分野+コーチ」と名乗りをする人はあまりいません。

「コーチ」とだけ名乗ると、スポーツのコーチと勘違いされるケースがあるので、誤解を防ぐために「ライフコーチ」とか名乗るケースはあるものの、ITコーチとか、時間管理コーチとか…聞いたことないですよね?

コーチは、特定の専門分野を持ちません。

コーチが持っている専門能力は、傾聴や対話、質問のスキルです。

「自分が話す」よりも「クライアントから引き出す」ことを大事にします。

一番それが現れるのは、「投げかける質問」です。

コーチが投げる質問は、そのほとんどが「●●さんは…」とか「●●さんにとって…」とか、クライアントさんが主語になっているはずです。

クライアントさんが本当は何をやりたいと思っているのか、何がネックになって望む生き方ができないでいるのか。

コーチは、「クライアントさんが本当はどうしたいのか」を探っていきます。

焦点を当てるのは、クライアントさんその人。

「これを解決したいんです」と問題を持ってこられても、必ずしも問題に焦点を当てません。

例えば、先ほどの「やりたいことができない」という話をコーチが聴くと、こんな質問をするかもしれません。

「なるほど、やりたいことがあるけれど、できていないんですね。それをやることは、●●さんにとって、どんな意味があるんでしょうか?」

「時間がない」という現象ではなくて、クライアントさんの内面に焦点を当てた質問になっています。

こうやってコーチは、クライアントさんの内面、価値観、ホンネに寄り添っていきます。

問題解決にはフォーカスしませんが、ホンネに寄り添っていった結果、自然と悩みも解決していた、となるケースも往々にしてあります。

コンサルタントとコーチの選び方の違い

コーチとコンサルタントとの役割の違いを簡単に書いてきました。

役割が違うので、選び方も違います。

ちょっと乱暴なまとめ方かもしれませんが、私の考えは「コンサルタントは問題に合わせて選ぶ、コーチは自分に合わせて安心できる人を選ぶ」です。

コンサルタントの選び方

コンサルタントは、何か悩みがあって解決するために相談するわけですから、解決したい悩みに詳しい人を選ぶ必要があります。

その専門分野に強いかどうかが第一、質問しやすいかどうかが第二、といったところでしょうか。

コーチの選び方

一方、コーチには自分の内面や価値観を話すことになるので、「安心して話せる人かどうか」が一番大切になります。

警戒心で身構えたままではコーチングそのものが成り立ちません。

まとめ

コンサルタントは、解決したい問題について自分より詳しい人を選ぶ。

コーチは、自分について安心して話せる人を選ぶ。

コンサルタントとコーチの役割の違いを知っておくと、自分にあった人を選びやすくなるかな、と思います。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!