家の中にいくつもある消耗品。

シャンプーやトリートメント、ボディソープ、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤などなど。

ちょっと気を抜いていると「あれ、もうない?」

仕方ないので急いで買いに出るってことが時々ありました。

けれど、今では「もうない?」は完全にゼロになっています。

急な買い物もなければ、重い荷物を持ち運ぶ必要もなく、消耗品管理については完全にストレスフリーの状態。

今回は、私がやっているストレスフリーの消耗品管理の方法についてまとめます。

ストレスフリーの消耗品管理法

  1. 消耗品は、すべてAmazonで買う
  2. Amazonで買うメリットとデメリット
  3. Amazon購入のデメリットを打ち消すために
  4. 二週間に一度、「消耗品在庫チェック」というタスクを入れる

1. 消耗品は、すべてAmazonで買う

わが家では、消耗品の買い物はすべてAmazonです。

  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • 洗濯用の洗剤
  • 食器洗い機用の洗剤
  • 手洗い用の洗剤
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 手洗い用の石鹸
  • 歯ミガキ粉
  • 炭酸水

等々、全部Amazonです。

消耗品をお店で買うのって、地味に手間ですよね。

紙系のもの(ティッシュペーパーとか)は軽いけど、かさばる。

液体系のもの(洗剤や炭酸水だとか)は小スペースだけど重い。

というわけで、わが家では消耗品はすべてAmazonで買って、届けてもらっています。

2. Amazonで買うメリットとデメリット

当然Amazonで買うのにもメリットとデメリット両面あります。

メリットとしては、

  • 配達なのでとにかくラク!!
  • 購入履歴が残るので、何をどれくらい買ってるか簡単に把握できる

デメリットとしては、

  • 単品では頼めないものも多い(まとめ買い対象など)
  • 段ボールの処理が必要

3. Amazon購入のデメリットを打ち消すために

Amazonで購入するメリットはかなり大きい(とにかくラク)なので、デメリットを消し込んで使いたいところです。

わが家でやっている方法は、「二週間に一度のまとめ買い」。

二週間に一度に設定しているのは、ダンボール対策です。

資源ゴミの回収が二週間に一回なので、配達のダンボールが届いたら即捨てれらるように、資源ごみの直前に家に届くように注文します。

いつでもゴミが出せるマンションだったり、スペースに余裕がある一軒家なら関係ないかもしれません。

が、わが家は普通のマンションの一室なので、なるべくダンボールを溜めないように二週間に一度にしています。

自然とまとめて買いものをするようになるので、「まとめ買い対象商品」がネックになることもありません。

4. 二週間に一度、「消耗品在庫チェック」というタスクを入れる

この二週間に一度のまとめ買いを忘れないように、タスク管理ツールには「消耗品在庫チェック」というタスクが入っています。

家にある消耗品をチェックして、残りの量を確認。

次回の注文日(二週間後)までもたないな、と思ったらAmazonで注文します。

消耗品の在庫を全部チェックするといっても、所要時間としてはだいたい5~10分しかかかりません。

まとめ

私はAmazonプライム会員なので、消耗品がなくなりそうになるたび、お急ぎ便を使っていた時期もあるんですが、それだとダンボールが溜まりすぎる。

けど、一度送ってもらう生活に慣れたら、普通にお店で買うのは面倒くさくてやっていられません。

送ってもらう手軽さと、ダンボール処理の大変さをバランスさせようと思ったら、「資源ゴミの日の直前に届くように二週間に一度まとめてAmazonで頼む」今のスタイルに落ち着きました。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!