最近、クリップボードを買いました。

もともと書類の多い仕事をしているのと、ゼロ秒思考のメモ書きをやり始めたこともあって、クリップボードがあったほうが便利だなぁと感じることが多くなったので。

いくつも物色した結果、選んだのはコレクトのKOVAシリーズのクリップボード。

他のクリップボードとの違い等、ご紹介しましょう。

コレクトKOVA  クリップボード

コレクトのクリップボード、KOVA。

質感、機能性ともにいい感じのクリップボードです。

良い点

  • 合成皮革でしっかりした質感
  • カバー付きなので、書類をしっかりガード
  • カバーが360度回せる
  • マグネットで紙に痕がつかない(しかも10枚くらい余裕で挟める)
  • マグネットとスリットの2箇所で紙をホールドするので、安定感バツグン
  • ペンホルダー付き(多少太くても問題なく入る)
  • 用紙ホルダーに書き終わった紙をストックできる

開いたところは、こんな感じ。

上にマグネット式のクリップが、右下にスリットがついていて2箇所で紙をホールドするので安定感バツグン。000358_clipboard-KOVA

個人的に嬉しいのは、挟んだ紙をしっかりガードしてくれること。

クリップボードでありがちなのが、鞄に入れるときに、紙が他の書類に引っかかって曲がってしまったりすること。

KOVAクリップボードなら、きちんとカバーがあるので一度挟んだら安心。

ただ、カバー付きだとどうしても開いたときに場所をとります。その点は、カバーを360度回せるようになっているので問題なし。

カバーを360度回して、横向きにするとこんな感じ。
000358_clipboard-KOVA-1

気になった点

難点を挙げるなら以下の3つ。

  • 購入してしばらくちょっと匂いがある
  • 色展開が寂しい
  • お値段は高め

合皮ものはどうしても仕方ないですが、購入してしばらくは若干の匂いがあります。

しばらくすると気にならなくなりますが。

あと、色展開がちょっと寂しい。

一応、ブラック、ブラウン、レッド、ベージュの4色展開なんですが、ちょっと色が強め。落ち着いたブラウンとか、レッドがあれば嬉しいなぁと思います。

最後に、お値段はどうしても高めになります。

プラスチック製のクリップボードなら数百円で売っているので、それに比べるとやっぱり高い。

ただ、個人的には質感、使い勝手とも値段分の価値はあると感じています。

まとめ

あれこれ探し求めて行き着いた、コレクトのKOVAクリップボードのご紹介でした。

使い勝手はすごくいいので、おすすめです!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!