今回は、カール事務器のツールスタンドをご紹介します。

最近買ったんですけど、かなり使い勝手がいい。

必要なペンをサッと取り出す!というペンスタンドの一番大事な機能をしっかり押さえた優れものです。

カール事務器 ペンスタンド・ツールスタンド

カール事務器のスタンドは、大きいタイプと小さいタイプがあります。

小さいものはペンスタンド、大きいものがツールスタンドという名前。

ペンスタンド

サイズは、W50×L85×H210mmです。

ツールスタンド

サイズはW87×L85×H210mmです。

サイズを見ていただくと分かるように、高さも奥行きも同じ、違うのは横幅だけです。

僕のおすすめは、広いほうのツールスタンド。

ツールスタンドだと一番下に、正方形の付箋がぴったり入るんです。

これが便利なんですよー。
カール事務器・ツールスタンド

付箋、ハサミ、ノリ、ペン、筆ペン、この辺りがさっと取り出せて、かなり便利です。

メリット

  • 使いたい文具がさっと取り出せる
  • 値段が手頃(1,000円ちょっと)

使いたいモノが、使いたい時に、迷うことなくさっと取り出せる。

ツールスタンドに一番求める機能って、これじゃないでしょうか。

僕は、「探しもの」が大の苦手です。

書類でも文具でも、使いたいものがすぐに見つからないのは、すごくストレス。

ゴシャゴシャと入っているペン立てで、お目当てのペンを探して結局なかったときの不毛感たるや。

その点、このツールスタンドなら、そもそも何が入っているのか一目で分かりますし、斜めなのでとにかく取り出しやすい。

「どうぞ」って誰かがペンを差し出してくれる、あれをツールスタンドが代わりにやってくれている感じなんですよね。

デメリット

  • 大量のペンや文具をストックしている人には不向き
  • 高級感はない

単なるペン立てに注意点も大げさですが、不満点と言おうか。

まずは、もうちょっと高級感あれば満点なのになーとは思います。

作りが雑ということではないんです。

内側なんかもしっかりしてはいます。ただ、普通のプラスチックなので高級感はありません。

あと、量はそれほど入りませんので、大量のペンや文具をストックしている人には不向きです。

もちろん入れようと思ったら普通のペンスタンドに負けないくらい入るんです。

が、あんまり入れると、このスタンドの良さである「サッと取り出せる」が死んでしまうんですよね。

 

まとめ

ツールスタンドの本来の役割をきちんと果たしてくれる、使いやすいスタンド。

個人的にはかなり気に入っていて、仕事場用、自宅用の2つ買いました。

おすすめです!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!