今回は、楽しい目標を作るためのたった1つのコツのお話です。

自分の体験を振り返っていてしみじみ思ったんですが、以前よりも今のほうが断然、目標設定を楽しんでいます。

前は、かなり息苦しい感じ。「頑張ってる」でした。

今は、リラックスした感じ。「頑張らない」です。

肩肘張ってない、と言ったほうがいいかもしれません。本当にずいぶん生きやすくなりました。

心屋仁之助さんの本で「頑張らない生き方がある」だとか「存在給という考え方」を知ったことで、私の考えは大きく変わりました。

それ以来、目標を立てるのにも、立て方というか、目標に対する考え方が真逆になっていて、「楽しい目標」を立てることができるようになっています。

楽しい目標とつらい目標。

どこが変わったのか、そのポイントをまとめておきましょう。

目標を立てていた理由

以前の私は、自分の直感や感情を「信用ならない」と思っていました。

理想に近づきたい、好きなように生きていきたい、そう思ってはいても自分はサボるだろう。

それに、好き嫌いで判断したら、やるべきことをやらないかもしれない。

充実した人生を生きるために必要な要素を、ロジックで考えて、好き嫌いに関係なくやっていかないと。

そう思っていたので、目標の立て方は、「やりたいか」よりも「やるべきか」でした。

あんまり気が乗らなくても、やるべきだと思ったなら、目標として立てる。

気が進まないのは「怠け者」だからで、そんな自分を引っ張るために数字を使っていました。

今週は、本を何時間くらい読もう、ブログを何本書こう、この仕事をやろう、といったように。

まるで自分を監視するかのように。

けど、それはすごく息苦しかった。

直感を信頼する

頑張らない生き方になった今では、もっと自分の心の声、直感、感情を大事にしようと思っています。

「もっと自分の感情を大事にしよう。直感を信頼しよう」と。

好き嫌いに任せておけば、だいたい(自分にとって)正しい判断をしてくれる、と。

そうしたら目標の立て方も自然と真逆になりました。

「やるべきか」よりも「やりたいか」を優先する。

やりたいを優先しているので、自然に進んでいきます。

そうですよね、好きな食べ物が目の前にあったら目標なんてなくても食べますから。

もちろん以前と同じように、目標に数字は使っていますが、自分を監視するために使うんじゃなくて、自分の調子を測るためのセンサーとして使うようになっています。

前は、目標ってノルマだと思っていたんです。「これだけやらなきゃダメだ!」って。達成したら合格、達成しなければダメだって。

今では、体重だとか血圧だとかと同じように、「自分の調子を見るためのセンサー」のように捉えています。

できなかったことがあれば、自分の生活を変えるきっかけになります。「うーん、できなかったか。どうしてだろう、何か予想外の出来事があったかな。それとも、自分の調子が悪かったかな。何か工夫できることはあるかな」といったように。

できなくてもそれでいい。次の工夫を考える材料になるから、というスタンスです。

2種類の目標

好き嫌いを押し込める目標

以前の自分にとって、目標は「好き嫌いを押し込めるためのモノ」でした。

好きとか嫌いとか言ってないで必要なんだからちゃんとやれよ!と自分に言うためのもの。

まるで子供のお説教に出てくる「嫌いでも、ちゃんと食べなきゃダメでしょ」の大人版みたいなものですね。

好き嫌いを形にした目標

今の自分にとっては、目標は「好き嫌いを形にしたモノ」になっています。

参考:成功する目標設定の5ステップ-立て方から進捗管理まで

好きなものなら「このくらいやろう。どうやってやろう」と目標を立てます。嫌いなものなら「少しでも減らすにはどうするか」といった目標になっています。

目標そのものが「好き嫌い」の延長上にあれば、すごく楽しい。

だって、やりたいことをもっとやれるように目標を立てているだけなので。

まとめ-感情と理屈

よく購買心理学なんかでは、「買いたい」「欲しい」っていう気持ちが先にあって、後から「ちょうど良かった。あの服はくたびれているから代わりが必要だもんね」なんて、理由を後づけして自分を納得させる、ということが言われます。

目標もそれでいいんだと思うんです。やりたいって気持ちが先にあって、理屈は後。

これを逆にして、「理屈が先。感情は無視」だったのが、以前の私の目標設定でした。

目標ってなんだか息苦しいと感じている方は、ちょっと順番を変えてみてください。

「感情が先」「やりたいが先」

それだけであんなに辛かった目標が、楽しい目標に変わりますから。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!