こんにちはー。コーチ、はぎたかしです。

確定申告のシーズンですね。

事業主にはお馴染みですが、給与収入だけの方には縁が薄いかもしれません。

1ヶ所から給与を受け取っているだけなら会社で年末調整をするだけ。

確定申告は不要だからです。

けれど、給与でも2ヶ所以上から受け取った場合には、確定申告が必要になります。

私もたまたま昨年、2ヶ所から給与を受け取って確定申告をすることになりました。

新しく作った会社と、もともと勤めていた会社の2箇所です。

2ヶ所から給与を受け取ったら、どうして確定申告が必要なのか、イマイチ理解していなかったんですが、今回、実体験してみて「なるほど、そういうことか」と理解しました。

少なくとも私のケースでは確定申告をすることで、かなり幸せになれました。

けっこうまとまった額、所得税の還付が受けられそうです。

その理由をまとめましょう。

復習!確定申告と源泉徴収

まず、ちょっと復習しましょう。

そもそも確定申告って何だということですが、「一年間の所得を確定させて税金を申告する」のが確定申告です。

理屈としては、日本の国民全員が、「昨年の収入はこれだけありましたー。だから、これだけ納税しますー」と税務署に申告しなければいけない(申告納税方式)んですが、それを処理するのは実務的に不可能。

なので、源泉徴収という仕組みがあります。

支払いをする者(多くの場合は会社)が、給与から天引きして所得税を預かって、まとめて納税するわけです。

ただ、給与から天引きされた税額と、本来納めるべき税額はズレるケースが多いので年末にまとめて調整するわけですね。

それが年末調整です。

ただ、年末調整で調整し切れないケース(副業があったり、給与が2箇所だったり、医療費がかなり高額になっていたり等々)する場合に、確定申告が必要になります。

確定申告をして、納めすぎていた場合には還付してもらう。

本来納める税額に足りなければ追加で納税です。

2ヶ所から給与を受けると確定申告が必須の理由

さて、本題に戻りましょう。

2ヶ所から給与を受けると、その両方ともが源泉徴収されます。

ポイントは税額がぜんっぜん違うということ。

国税庁の「源泉徴収税額表」を見てみましょう。

平成28年のものは、こちら
源泉徴収税額表(甲欄)

この表は、給与の額面ではなくて、社会保険料(健康保険や厚生年金等)をマイナスした額で見ます。

例えば、社会保険料を除いた給与が毎月10万円で、扶養している親族がいなければ、天引きされる所得税は月720円です。

扶養している親族が一人以上いれば所得税は0円。

2箇所目から受ける給与は、源泉徴収されている金額が多い

ここからが大事なお話。

先ほど、「甲」という欄を使って税額を確認しました。

けれど、その先に「乙」という別の欄がありますよね。

実は、2箇所以上から給料を受け取る場合には、「甲」の欄を使うことができるのは一箇所だけ。

それ以外から受ける給与は、「乙」欄の額になります。源泉徴収税額表(乙欄)

 

どこから受け取る給料が「甲」欄の適用になるかと、「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」を出しているところ。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書…?

名前じゃピンときませんよね。

▼この書類です。なんとなく見覚えありませんか?給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

これを提出した会社から受ける給与は「主たる給与」として「甲」の欄で所得税が天引きされます。

それ以外からもらう給与は、「従たる給与」ということになって「乙」欄を使うことになるんです。

先ほどと同じように、10万円の人の乙欄を見てもらうと…3,600円!

さっきの720円に比べて、5倍!

これが毎月天引き。

10万円の人で、この税額です。

月20万円だと「甲」欄4,770円(扶養親族なし)なのに対して、「乙」欄20,900円。源泉徴収(甲欄と乙欄)

 

月30万円だと「甲」欄8,420円(扶養親族なし)なのに対して、「乙」欄52,900円。2箇所の給与と確定申告

ちょっとちょっと!

同じく給与で20万円もらっても、「主たる給与」のほうは毎月4,770円の天引きだけど、「従たる給与」のほうは毎月20,900円も天引きされちゃうんです。

というわけで、2ヶ所目の給与は、税金納め過ぎになっているケースが多いです。

そこで確定申告!

本来の税額を計算して、納め過ぎになっている分の還付を受けるわけですね。

「2ヶ所以上の給与」だけなら確定申告は簡単!

「面倒くさいなぁ」と思いますが、2ヶ所以上から給与を受けただけであれば、確定申告もそう難しくありません。

手元に会社から交付された「源泉徴収票」を用意して、国税庁の確定申告書作成コーナーへ。

「所得税の確定申告書作成コーナー」に入って、源泉徴収票を見ながら数字を入力していけば作成できます。

還付を受けるといっても本来納めるべき税金は納めているわけで、払い過ぎたのが還ってくるだけなんですけど、やっぱり幸せな気分になれますね。

事業所得もあるならクラウド型の会計ツールが便利

また、給与だけではなく、個人で副業をしていて事業所得もあるケースには、クラウド型の会計ツールが便利です。

マネーフォワードクラウド確定申告やfreeeあたりが有名ですね。

マネーフォワードクラウド確定申告

freee

クラウド型の会計ツールの魅力は、事前に登録しておくだけで銀行の入出金、クレジットカードでの支払いなどをすべて自動で拾い出してくれるところ。

「残高が合わない!」なんてことが起こりません。

ちなみに、私はマネーフォワードクラウド確定申告のほうを使っています。

仕訳の件数が月に15件までなら無料で使えますし、有料プランにしても他のクラウド型会計ツールより若干安いので、おすすめです。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!