新年をスッキリした気持ちで迎えるために、しっかりやっておきたい年末の大掃除。

私は、モノの片付けだけじゃなく、気持ちの整理タスクの整理データの整理も大事にしています。

最後は、いよいよモノの片づけ!

モノの整理

片づける順番にもコツがある

モノの整理は、こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』でオススメされている順番でやります。

具体的には、以下の順番。

  1. 衣類
  2. 書類
  3. 小物

この順番でやると、確かに片づけしやすいんです。

モノの整理をする目的

モノの整理をする目的は、「好きなモノだけに囲まれる、理想の生活を作る」こと。

やっている途中に、もったいないという気持ちが出てくるかもしれません。

が、たくさん収納すればするほど、存在すら忘れてるモノが大量に出てきます。

押し入れの奥にしまって、そのまま忘れられたり。

そのほうがもったいない!

活用されていないモノのために部屋のスペースが取られている。

本当に気に入ったモノだけを残して、残ったものは一つ一つ大事に使ってあげましょう。

衣服

洋服は、とにかく「いったん収納から出す」。

これだけで片づけが半分進んだ!と言っても過言ではありません。

ちょっと面倒くさいんですが、「収納に入っているものを一つ一つ吟味する」のと、「全部出してから吟味する」のとでは、片づけやすさが全然違います。

一気に全部をまとめることが難しければ、用途ごとでも。シーズンごとのインナー、アウターをまとめて出してみるだけでも、自分の持っている服の量が分かります。

しかも、使われていない服もかなりあるはずです。

また着たい!と素直に思える服以外は、整理してしまいましょう。

本棚も一年に一度見直します。モノの整理をする目的は「好きなモノだけに囲まれる生活をするため」でした。

本も同じなので、好きな本を残します。なので、興味が薄れた本、義務感で買った本、あたりを整理しましょう。

あと、本を本棚にしまうときには、「本を二重に入れない」のが鉄則です。

奥行きのある本棚でありがちなんですが、奥と手前の両方に本を入れてしまう。

これ、私は断固反対です。

奥に入れた本は、絶対に読み返さないから。

取り出すのが面倒くさいだけじゃなく、奥に何の本が入っているかも分からなくなってしまいます。

コレクション的として持っておきたいというように「持っていることに意味がある」というケースならいいですが、「必要なときに読み返したい」という場合には絶対にオススメしません。

その点、私は「天井つっぱり書棚 愛書家」という本棚を愛用しています。もともと薄いので、圧迫感もないし、二重収納にならないからです。

もし本棚を増やすなら、一度覗いてみてください。

書類

次は、紙の書類。

デスクの上、引き出しの中、カバンの中。

あらゆるところに眠っている紙の書類を引っ張りだして、一箇所にまとめます。

全部をまとめて目に見えるようにしてしまえば、「この山を片づければ、書類の片づけは終わりだ!」というように、明確に終わりが意識できて、モチベーションが上がります。

紙の書類は、だいたい次のように分類します。

  • (基本)全部捨てる
  • (例外1)今まさに使っている書類→案件ごとクリアファイルに
  • (例外2)契約書、保険証券、保証書など捨てられない書類→一箇所にまとめて保存

捨てられない書類を保存するには、こんなファイルが便利ですよね。

分類の方法は、人それぞれやりやすくアレンジすればいいと思いますが、コツは2つ。

  • シンプルなルール:ややこしいと分類するだけで億劫
  • 基本は捨てる:残すのを基本にするんじゃなく、捨てるのを基本にする。例外だけルールを決めて残す

小物

次は、小物の整理。

私は、「1つの役割につきモノ1つ」という自分ルールで整理しています。

例えば、私の周りで一番増えがちな小物は文具。

好きなので、どんどん増えてしまう。

ただ、どれだけたくさん持っていても、結局使うのはお気に入りの限られたモノだけになりがちです。

だから、使うシーンとモノを紐付けて、アイデアを出したいときには、このノートとペン。

糊付けしたいときには、この糊。

そんなふうに1つの役割につき、モノ1つを割り当てます。

役割がかぶっているモノがあれば、好きなほうを残してそれ以外は整理します。

そんなふうに小物を整理していると周りにあるのは、「いつも愛用しているパートナー」だけになるんですよ。快適です。

まとめ

さて、ここまで年末の片づけということで、気持ちの整理、タスクの整理、データの整理、モノの整理と進めてきました。

大きな片づけをすると、生活がけっこう楽しくなります。

「好きなことだけして生きていく」はよく注目されますけど、片づけはその小さな一歩。

「好きなモノにだけ囲まれて生きていく」ためのプロセスですからね。

私はこれで気持ちのいい新年を迎えられそうです!

皆さんもスッキリとしたよいお年を!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!