『ローマ人の物語』シリーズ。

私の大好きな小説です。

突然に読み返したくなり、今、第一巻から読み直しています。

書評も書きたいと思ったんですが、小説の書評を書くのは実用書に比べて難しいなぁと考えていました。

要点というものが書き出せるわけではないし、話の筋を書いてしまったら原作の面白みがなくなってしまう。でも、ブログに書く以上は、何か「読んでよかった」感が残らないと、さみしいものがあります。

そこで、どんな形にするかを考えた結果、小説の中で、私が印象に残っているフレーズをご紹介して、それに感想をつけ加える形にしてみたいと思います。

そうすることで、原作への敬意を払いつつ、役に立ちそうな一節をピックアップできればいいなと。

小説から抜き出した「名言集」のようにしていければと思います。

それでは、長い長い『ローマ人の物語』シリーズの第一巻、です。

ローマ人の物語――ローマ誕生、王政から共和政へ。

前753年、一人の若者ロムルスと彼に従う3千人のラテン人によりローマは建国された。7代続く王政の下で国家としての形態をローマは整えてゆくが、前509年、共和政へ移行。その後、成文法制定のために先進国ギリシアへ視察団を派遣する。ローマ人は絶頂期のギリシアに何を見たのか―― 。比類なき大帝国を築きあげた古代ローマ。その一千年にわたる興亡の物語がいま幕を開ける。

 

「敗者を味方にする」やり方

プルタルコスは、『列伝』の中で次のように述べている。
「敗者でさえも自分たちに同化させるこのやり方くらい、ローマの強大化に寄与したことはない」

第一巻から、いきなり考えさせられます。

なぜイタリアの一都市に過ぎなかったローマが、「永遠のローマ」と言われるほどの繁栄を享受できたのか。

いろんな要因があると思いますが、歴史家プルタルコスは、それを「敗者も自分たちに同化させるやり方をとったからだ」と語りました。

「どうやって敗者を同化させたのか」という疑問もありますが、それは後の巻に譲るとしましょう。

生活をしている中で、人と意見があわないこと、たくさんあります。むしろ、一致するほうが少ない。

場合によっては、主張をしあい、意見を戦わせるような時もあります。そうして相手と少しぎくしゃくして、距離ができてしまうこともあります。

でも、もし、戦った相手を、味方につけていくことができるなら、こんなに心強いことはありません。

最近よく思うんですが、どんなに個人が強くても、能力が突出していも、結局「協力者が多い人」には勝てないだろうなぁ、と。

 

どうしても、自分の能力や努力、向き不向きにフォーカスしがちになりますが、時々それはいったん置いておいて「どうしたら協力者を増やしていけるだろうか」と考えてみたいですし、「他の人が気持ちよく協力してもいいと思えるような自分だろうか」という振り返りは、忘れないでいたいなと思います。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!