11/7(土)、神戸にて開催されたDpub12に参加してきました!

ブログ、No Second Lifeを運営するプロ・ブロガーであり、作家でもある立花さん(@ttachi)が主催する「巨大なるただの飲み会」、Dpub。

もともとこういった不特定多数の交流の場は得意ではないんですが、 それでも今回も参加することにしました。

ちなみに前回のレポートはこちら。

【Dpub11 in 東京】初めてのDpub参加レポート! | Designer’s Cafe
ただ、残念なことに、主催の立花さんがすでに最終回予告をされているので、関西での開催は今回で最後。

ラスト東京での一回を残すのみになっています。

Dpubのレポートそのものは、参加された方が皆さん、丁寧な写真をつけて記事にされているので、私のほうは趣向を変えて、「どうして人見知りの自分が、わざわざ遠方の不特定多数が集まるイベントに参加しているのか」を中心に書いてみることにします。

 

Dpub12 in 神戸

今回のDpubは、神戸北野美術館での開催。

美術館で飲み会…? 最初はどんな雰囲気になるのかまったく予想がつきませんでしたが、始まってしまえば、やっぱりDpub。

あちらこちらで、名刺交換があり、話に花が咲いていました。

 

東京開催と違って、地方開催の良さを感じたのは、なんといっても近場の方と何人もお話しできたこと。

前から気になっていた、岡山スマホユーザー会の幹事メンバーであり、DelightModeを運営されている、もりだいさん(@Mori2nd)。

徳島のブロガーであり、The Pathを運営されている、Takaさん(@t_matumoto0215)。

さらには、説明不要のプロ・ブロガー、ヨッ!センスのヨスさん(@yossense)にも、奥野さん(@odaiji)の紹介で引きあわせていただいたり、いろんな方に助けられながらのDpubでした。

 

他にも何人もの方ともお話できましたし、中には、このハギに会いたかったと言ってくださる方もいらっしゃって、とっても嬉しい一時を味わうこともできました。

 

人との出会いが生む、予想外の未来

どうして広島に住んでいて、人見知りの私が、わざわざ交通費をかけて遠方の、しかも苦手としている「不特定多数が集まるイベント」に参加するのか。

2回目の参加とは言っても、やっぱり根は変わっていませんから、参加するときにはけっこう勇気が要りますし、参加しているときも、アルコールのドーピング(?)があるおかげで、なんとかなっている、という感じです。

「積極的に話しかけないと!」と言われてしまうかもしれませんが、他の人が話をしているところに割って入るのが「お邪魔かなぁ」と思ってしまうタイプなので、なかなか難しい。

そんな私であっても、懲りずにDpubに参加しているのは、「人との出会いが、延長線上にない未来につながる」という実体験があるからです。

前回のDpubでは、もう一人の広島のブロガー、ぞえさん(@kz_sue)に出会って、広島ぶろがー会を主催するに至りました。

広島ぶろがー会を主催したおかげで、シゴタノ!の大橋さん(@shigotano)と直接にお会いすることができました。

その結果、旅行にご一緒させていただく機会にも恵まれた。

そうしたら、今回のDpubでも、「その記事読みました!」と言っていただいたり、岡スマと広島ぶろがー会で交流できたら楽しそうですよね、と話ができたり。

 

本当、何が起きるか分からない。

けれど、元をたどれば、ブログと、Dpubでの出会いなんです。

Dpubがもたらしてくれる人との出会いがあり、人との出会いから始まっていく新しい展開があり、それがきっかけになって、今までの延長線上にない未来が開けていく。

だから、参加するたびに「もっと積極的に話したら良かったのかなぁ」なんて思ったり、「もっと上手く話せたら良かったなぁ」なんて思うんですが、それでも「また行こう」って思えるんです。

今回もここからまたどんな展開が起きてくるかなぁ、とワクワクしている今日この頃です。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!