先日、倉下忠憲さん(@rashita2)の『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読み終えました。

「読書をしていても、なかなか成果につながっていないような気がする」と迷いが出たとき、「読書をしたほうがいいのは分かっているんだけど、何から始めたらいいのか」となかなかスタートできないでいるとき。

そんなときに紐解きたい親切な読書の手引き書です。

ご紹介します!

ソーシャル時代のハイブリッド読書術

この本の目的は「はじめに」で述べられています。

本書は、「読書ってちょっと苦手だな~」と感じている方や、たくさん本は読んでいるものの、あまりその成果が感じられない人が対象です。そういう人が、より良く読書を進めていけるようにサポートすること。これが本書の目的です。(中略)本書が提示するのは、「健康的な食生活」「基礎体力を維持するトレーニング」に近いものといえるでしょう。(はじめに)

この目的に沿って、とても丁寧に「読書」との付き合い方を示してくれる本書。

全5章で成り立っているんですが、Chapter1では、「自軸を作る読書術」と題して、改めて「読書とは何か。何のために読むのか」がまとめられています。

Chapter2では、「リアルとウェブで本と出合う」というタイトルで、「どんな本を読むのか。どうやっていい本を選ぶか」のヒントが。

Chapter3では、「速・精・熟を組み合わせるハイブリッド読書術」ということで、「どうやって本を読めばいいか」

Chapter4では、「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」と題して、「読んだ本を活かすにはどうしたらいいか」、具体的な読書メモのつくり方が示されています。

Chapter5では、「新しい読書の可能性」として、今登場している新しい可能性、具体的には電子書籍とソーシャルリーディングについて触れられています。

ここで、まず思うのは、本書の構成の丁寧さ。

順を追って自然な展開がされていて、一読しただけですっと内容が入ってきます。

とても読みやすい「読書の教科書」という感じです。

本の内容を自分のものにする方法

特に私の印象に残ったのは、Chapter4「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」。

本を読んではいるものの、読みっぱなしになってしまうという悩みをお持ちの方は多いんじゃないでしょうか。

この章では、読後に焦点を合わせて、アナログとデジタルを融合させた、倉下流・読書メモのまとめ方が具体的に提示されています。

本の内容をA4一枚でまとめなおしてみる

まず、オーソドックスな方法として、「本の内容をA4一枚でまとめなおしてみる」という方法があげられています。

あえてA4一枚という制限を設けることで、大事なポイントだけをざっと拾い上げ、パッと見ただけでその本がおおまかにどんな内容だったか分かるようにします。

これは、自分が「読んだ本を理解できているのか」をチェックするにも効果バツグンです。

テーマごとにまとめを作ってみる

また、「テーマごとにまとめを作ってみる」という方法も挙げられています。

例えば、「マーケティング」といったように一つのテーマを設定して、それに関連するポイントを読んだ本から抜き出して、まとめていく方法です。

一つのテーマを設定して、横断的に本の要点をまとめることで、自分にとっての教科書ができ、そのテーマに関して自分の理解、知識がグッと深まるのは間違いありません。

分量の関係で書ききれませんが、この後さらに、作った読書メモをクラウド(Evernote)に保存して活用する方法も併せて紹介されています。

丁寧にまとめられた読書入門

読書の方法について、とても丁寧にまとめられた読書入門書だと感じました。

読書について何か悩みがでたときには、原点に立ち返るような気持ちで読み返したい一冊です!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!