先日、広島ぶろがー会に、まさかのサプライズでシゴタノ!の大橋さんが来てくださいました。

そのときに、参加者のそれぞれに一言つきのイラストを書いてくださったんですが、私がいただいたのは、これ。

0000265_ganbaranai

「がんばらない!」

このイラストをいただいてから、「がんばらない」について、改めて考えました。

最近、「がんばらない」で有名なのは、なんといっても心屋仁之助さんでしょう。

こんな本もありますし。

ただ、この言葉、かなり誤解を生みやすい言葉でもあって、賛否両論、喧々諤々です。

あくまで私の解釈にはなりますが、「がんばらない」について、少し整理してみたいと思います。

 

「がんばらない」を解釈する前に

まず、「がんばらない」の話をする前に、前提として大事だな、と思うのは、

「今の自分の気持ち、行動は、どこから出てきているのか」ということ。

もっと言えば、自分の素直な気持ちを大事にしているのか、他人の気持ちを大事にしようとしているのか、ということ。

例えば、「あるセミナーに行きたいんだけど、家族を説得するのが難しそうだから、やめておこうかな」と思うのであれば、

自分の気持ちは、セミナーに行きたい。

だけど、周りの反対にあうかもしれないから、「やめておこうかな」となっているわけですよね。

 

このときに「がんばらない行動」って、いったいどうすることなんでしょう。

私は、この場合には「行きたいというのを素直に言う」だと思うんです。

「がんばらない」って何もしないことじゃ全然ない。

「がんばらない」というのは、自分らしさを殺すような、押さえつけるような努力はやめてしまえ、ということ。

逆に、自分の気持ちに素直になることは、どんどんやろう。

 

話がややこしくなるのは、「自分の気持ちに素直になること」も、「自分の気持ちを押し殺すこと」も、両方「がんばる」「努力する」という言葉で表せてしまうから。

この点、心屋さんは、人の評価を得るために自分を抑え込むことを「がんばる」と呼んでいて、自分の気持ちに素直になることを、「好きなことをする」と呼んでいるんだと思います。

がんばるなというのは、人に認められるための努力を捨てよう、ということ。

人がどう言うかは関係なく、自分がやりたいことは、精一杯やろうということ。

 

じゃあ、どうして人に認められるための努力をしてしまうのか、といえば、

その根っこにあるのは、「今のままの自分ではダメだ」「がんばっていない自分には価値がない」という思い込み。

そんな気持ちが根っこにあると「がんばらないなんてとんでもない!」と感じる。

この「人から認められないとダメなんだ」という思い込みをとっぱらうための言葉が、心屋さんがよく「魔法の言葉」として使う「大丈夫」とか「どうせ愛されてる」とか「存在給が高いことにする(=何もできなくても存在しているだけで価値があることにする)」なんだと思うんです。

結局のところ、「そのままのあなたで素晴らしいんだから、もっと自分に正直に生きよう」ということ。

けれど、今まで人の言うことを聞いていればいるほど、「嫌われたらどうしよう」「評価が下がったらどうしよう」「あの人と衝突したらどうしよう」という不安が出てくる。

「好きなことをするのは、ものすごく勇気がいる」と言われるのは「嫌われるかもしれないことをやっちゃう勇気」だと私は思っています。

 

「がんばらない」というのは、100%自分らしく生きよう

つまるところ、がんばらないというのは、100%自分らしく生きてみようぜ、というお誘いだと思うんですね。

自分の気持ちに素直になって、やりたいこと、強み、生きがいに集中しよう。

これ、最初の一歩はめちゃくちゃ勇気がいる気がします。

どうしてかといえば、今まで「がんばるのが大事だ」と思って生きてきたら、周りにも「がんばるのがいいんだ!」って人が何人もいるはずだから。

好きなことを我慢せずやり出したら、「がんばらなとダメだ」って思っている人から、そんな生き方ダメだ!って言われることもあるかもしれない。

最初は、孤独かもしれないし、「これでいいのかな」って感じることもあるかもしれない。

がんばるのも、がんばらないのも、幸せに生きるためで、アプローチの違いにしか過ぎないのに、良し悪しにすり替えると、とってもややこしくなっちゃう。

 

けれど、それでも「がんばらない」って決めて、自分の心に正直に生きるって決めたら、ふしぎと類は友を呼ぶんだと思うんです。

「がんばらない」で生きていると、いつのまにか、「がんばらない世界」の住人たちも、実は案外たくさんいて、その人たちとのご縁が新しくできていくのを感じることができるんじゃないかな、と感じています。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!