キーボードを買いかえました。

人気の高いキーボードの一つ、東プレのREALFORCEです。

いろいろなモデルがありますが、今回、購入したのはREALFORCEのテンキーつきモデル。

どのモデルにしようか迷っていたとき、「ヨッセンス」さんのこの記事がめちゃくちゃ参考になりました。

【買う前に必見】REALFORCE(リアルフォース)キーボードの比較まとめ! | ヨッセンス
私は、日本語配列のもので、テンキーつきがよかったので、上記のモデルで落ち着きました。

 

東プレREALFORCE 108UBK 開封

開封からご紹介しましょう。

 

いたってシンプルな箱。

0000256_REALFORCE_a

ちら。

0000256_REALFORCE_b

すごい重厚感。

0000256_REALFORCE

さっそくPCにつなげて。

0000256_REALFORCE_c

東プレREALFORCE 108UBKの打鍵感

ここからは数日、REALFORCEを使ってみた感想を書いていきます。

大げさに聞こえるかもしれませんが、「感動」しました。

なにこれ。なにこの気持ちよさ。

キーボードを「打っている」という感じじゃなくて、「さわっている」という感じ。

それくらいキータッチが軽いんです。

 

その一方で、本体そのものは1.4kg。かなり重いですから、ものすごい安定感。

どんなにキーボードをカチャカチャしても、全然動きません。

ずっしりとした安定した本体の上で、かるーく指を踊らせる。

そんな打鍵感です。

軽すぎて、最初こそ慣れない感じがしましたが、体は正直でラクなものにはすぐに慣れてしまいます。

購入する前、REALFORCEのレビューを調べている途中で「一度これに慣れてしまうと、他のキーボードに戻れない」というコメントを何度も見かけましたが、いや、よく分かりました。

そりゃそうだ。一度この滑らかさを味わってしまうと、他のキーボードでは「ひっかかる」「重たい」感じがすると思います。

 

全然疲れない

キーが軽くて、力がいらないので、文字をたくさん打っても全然疲れません。

今まで、キーボードを打っているときに「自分が力んでいる」なんて思ったことはありませんでした。

それが、REALFORCEで打ちはじめて、どんどん力を抜いていってもきちんと反応してくれるのを見ていて、「あれ、今までのキーボードだと、こんなに力が必要だったんか」と実感したんです。

 

変荷重は気にならない

事前に一つ心配していたのが、「変荷重」モデルだということでした。

変荷重モデルというのは、すべてのキーの重さが同じではなくて、キーによって重さが違う、という仕様のこと。

力が入れやすい指で押すキーは少し重ために(といっても45gなので通常のキーボードより軽い)、力が入りにくい小指なんかで押すキーは30gで設定されているんです。

初めて使うものだけに、15g違うのが違和感になったりしないんだろうかと思いましたが、まったく心配いりませんでした。

違和感ゼロです。

 

投資に値するかどうか

正直なところ、ここまで違うとは思っていませんでした。

キーボードとして見れば、かなりの値段ですから、打ち心地がいいんだろうなぁとは思っていました。

でも、「たかがキーボード」ですから、こんなにお金払う価値があるかなぁっていうのはけっこう迷ったんですよ。

ただ、「毎日使うものにはお金をかける」というのが私のポリシーの一つなので、今回は思い切りました。

結果は、大正解。

たかがキーボードでしたが、されどキーボード。

PCで文字を打つ量が少ない人には不要だと思いますが、毎日PCに向かって長時間作業する人には、格好の設備投資だと思います。

いや、ほんと、想像より全然気持ちいいキーボードでした。

これから長く愛用することになりそうです。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!