ドシロウトがロジカルクッキングのレシピを作ってみたシリーズ、第ニ回です。

ちなみに前回のは、こちら。

ロジカルクッキングのレシピで、料理のドシロウトが「ハンバーグ」を作ってみた結果 | Designer’s Cafe
今回は、筑前煮!

ロジカルクッキングのレシピに忠実に作ってみて、どれくらい手間(時間)がかかったか、難易度はどれくらいか、味はどうだったかの三点について、レビューしてみたいと思います。

 

ロジカルクッキング流・筑前煮

味  :★★★★★
難易度:★☆☆☆☆
手間 :★★☆☆☆

 

まず、味。

これは、文句なしに「うまい!」

しょうゆ、塩、砂糖だけというシンプルな味つけで、野菜のうまみがグッと感じられます。

ごぼうってこんなに旨かったのか! 煮汁があふれてくる、しいたけ…!

鶏肉もこれまたおいしい。低温で焼き上げる鶏肉は、こんなに違うもんかとあらためてビックリしました。

ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、それくらいおいしかったです。

 

難易度

難易度はそんなに高くないと思います。

こんにゃく、野菜、鶏肉、それぞれを別々に火を入れて、最後にまとめて味を染み込ませるという流れ。

別々に火を入れるのは、火の加減を使い分けるため。

普通、ロジカルクッキングでは強火は使わないんですが、筑前煮では使います。

使いどころは、野菜の下茹で。ここは、あえて強火を使うことで、野菜の細胞壁を壊して、味が染み込みやすくするんだとか。

鶏肉は、ロジカルクッキングのセオリーどおり、低温でゆっくりと焼き上げます。

レシピどおりに作っていて、「難しいな」と不安を感じるところはありませんでした。

 

手間(時間)

手間はちょっとかかりますね。

と言っても、前回トライしたハンバーグのように、一個一個バラバラに作るのではなく、まとめて煮てしまうので、量を作ったらかかる時間が伸びる、ということはありません。

どんなところで、手間がかかるかというと、

1 いろんな野菜を切るのが、多少手間。
2 鶏肉は低温調理なので、ちょっと時間がかかる。

まず、「いろんな野菜を切るのが多少手間」

これは、ロジカルクッキングに限ったことではなく、普通の調理でも同じですね。

慣れている方にしてみれば当たり前のことでしょうが、私のような料理シロウトには、食材が増えるとかかる時間がストレートに増えます。

切るのが遅いからです。にんじん、れんこん、しいたけ、ごぼう、こんにゃく、さといも、鶏肉…。

これを切っていくのに、ちょっと時間がかかりました。

これは慣れの問題でしょうね。

2の「鶏肉の低温調理に時間がかかる」

これは、ロジカルクッキング特有の手間ですね。

鶏肉の厚さにもよりますが、火が通るまで15分くらいはかかるでしょうか。

全体的に、ロジカルクッキングでも、作りやすいメニューだと思います。

作り方で難しいところもないですし、量を作るのにも大変じゃない。

しかも、ほんとおいしい。わが家では、食べはじめた瞬間に、「次いつ作るのー?」と予約が入ったくらいでした(笑)

お試しください!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!