先日、おじいちゃんの一周忌があって、実家に帰省しました。

一周忌で感じたことはすでに書きましたが、実は道中、大変な事件が起きていました。

「iPhone紛失事件」です。

結局、「iPhoneを探す」の助けがあったおかげで、見つけることができましたが、「iPhoneを探す」が使えなければ発見できず、買いなおすハメになっていたことでしょう。

事件の顛末をお話しながら、iPhoneを探すの使いかたについて、まとめてみましょう。

新幹線でiPhone紛失事件

それは、広島から名古屋までの新幹線のなか、岡山あたりでした。

iPhoneを使おうと、ズボンのポケットに手を伸ばしました。

「あれ、ない…?」

おかしいな、ズボンに入れなかったかな。

胸ポケットだっけ? …ない。

カバンのなか? …ない。

あれ、おかしい、どこにもない。

家から広島駅に向かう途中で使っていたから、家に忘れたのはありえないし…ひょっとして広島駅?

駅だったら笑えないなぁ…。

焦りながらPCを開き「iPhoneを探す」を使うことにしました。

「iPhoneを探す」の使い方

それでは、iPhoneを探すの使い方を見ていきます。

iCloudにログイン

今回は、妻のiPhoneでテザリングをして、PCからiPhoneを探すを使いました。

まずは、iCloudにログイン。iCloudにログイン
「iPhoneを探す」を選択。iPhoneを探す

 

「すべてのデバイス」をクリック。

そうすると、アカウントに紐付いているiPhoneが表示されます。iOSデバイス

探したいiPhoneを選択。

そのiPhoneの位置が地図上に表示されるはずです。iPhoneの位置が地図上に

ここで、「あれ、岡山駅にぴったり重なってる…。広島に置いてきたわけじゃなくて、この新幹線の中にあるんだ」

それが分かっただけでも一安心です。

ただ、もう一度、ポケット、カバンの中を全部探しても、iPhoneは見つからず…。

困り果てました。

遠隔操作でできること

仕方がないので、新幹線のなかで多少気が引けましたが、「サウンドを再生する」を使うことにしました。

「iPhoneを探す」で、探したiPhoneには、iCloudの画面から3つ、遠隔操作をすることができます。

サウンド再生

文字通り、iPhoneから音が鳴り、場所を探しやすくなります。

「ピコーン、ピコーン」という甲高い音が、2分続けて鳴ります。マナーモードにしていても鳴らすことが可能です。

紛失モード

紛失モードに設定すると、iPhoneをパスワードロックして、「なくしたiPhoneだ」というメッセージをロック画面に表示することができます。

iPhoneの消去

また、できれば使いたくないですが、iPhone内のデータをすべて削除することも可能です。

これは本当に最後の手段ですね。

結局、iPhoneは座席の内部に

今回のケースでは、なんと座席の内部に入り込んでいました。

「iPhoneを探す」で助かった

下のほうから音がするから落としたかと思いきや、座席の下にはない。

まさか座席の内部にはまっているとは…。

「サウンド再生」で、音を鳴らさなかったら絶対に気づきませんでした。

「iPhoneを探す」の事前設定

「iPhoneを探す」を使うには、事前の設定が必要です。

万一のときのために、オンにしておいたほうがいいですね。

  • iPhoneの「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンに

これでOKです。

今回、めちゃくちゃ助けられてしみじみ有り難さを実感しました。

できれば使わないに越したことはない機能ですが、事前設定だけはしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!