タスク管理ツール、タスクシュート(TaskChute)との出会いを書いた、この体験記も最終回になりました。

前回は、TaskChuteと出会ったことで、タスク管理で欠けていたピースがようやく埋まった、というお話でした。

タスクシュート(TaskChute)との出会い | 今、夢に生きる
最後に、TaskChuteを使う前と、使った後で、なにがどう変わったかをまとめてみようと思います。

  • 「すべてがここにある」安心感
  • 「で、今なにすればいい?」が即分かる
  • 「二度と同じ失敗をしない」という安心感
  • 「考える時間」と「やる時間」が分離でき、ムダが減る
  • 「時間を大切に使おう」と思うようになる

タスクシュートで変わったこと

「すべてがここにある」安心感

これは味わってみるまで分かりませんでしたが、「TaskChuteを見れば、やることがすべて分かる」というのは、強烈な安心感があります。

仕事上の約束から、爪を切る、紙おむつを買うといったタスクまで、すべてがあります。

どんなに仕事で忙殺されても、一目見れば、やるべきことを確認することができます。

以前は、忙しくなると抜けが多くなり「あ! 忘れてた! あれもやらなきゃ! 」という事態が、よく起きていました。

けれど、今では完全に縁が切れました。何かに没頭して忘れていても、終わったあとにTaskChuteを一目見れば思い出せるからです。

今やることに集中できる

これは、「TaskChuteにすべてがある」ことと関係しますが、「今なにすればいい?」がすぐに分かるようになりました。

計画通りに進んでいるときならもちろん、仕事が差しこまれて、TaskChute通りに進まなくなっても、やるべきことがすべて書いてある状態なら、優先順位を組みかえるのも簡単です。

同じ失敗を繰り返さない安心感

前回の記事でも触れましたが、TaskChuteはとても柔軟にルーティンタスクを作ることができます。

毎日、隔日、毎週、平日のみ、毎月第3月曜日、毎月最終営業日などなど。

なので、仮に、毎週金曜に提出する書類を忘れて、月曜に冷や汗をかいたとしましょう。

でも、もう二度とそんな思いをすることはありません。TaskChuteに、毎週金曜でリピートをかけて、「○○を提出する」というタスクを入れてしまえば、同じ失敗を繰りかえさずにすみます。

TaskChuteは、使えば使うほど、精度が上がっていき、ミスが減っていきます。もちろん、初めての仕事の場合には、そうもいきませんが、通常業務がスムーズに進んでいれば、初めての仕事によりエネルギーを向けることができます。

考える時間と実行する時間が分離して無駄が減る

これは予想外の収穫でした。

TaskChuteを使う前は、「次にやるのは何だっけ?」というのをよく考えていました。実行する→次に何をするか考える→実行する→考えるというような仕事の仕方です。

TaskChuteがないときには、これが当たり前だと思っていました。

ただ、TaskChuteを使いはじめると、「考える」必要がありません。

表示されているリスト通りに、タスクをこなしていけばいいので、実行する→実行する→実行する→実行する、といった調子で仕事を進めることができます。

仕事の量が同じでも、かかる時間がまったく違ってくるんです。

そうした経験をしてはじめて、「次に何をしたらいいのか迷っている」のに、今までどれだけ時間を使っていたのかを知ったんです。

TaskChuteを使いはじめてから、「迷う」時間がなくなりました。結果、同じ仕事の量でも短い時間でできるようになったんです。

時間を大切に扱うようになる

これも、予想外の収穫でした。

時間のログを取るだけで、時間に対する意識が変わってきます。

具体的に言えば、「時間をもっと大切に使いたい」「何か将来プラスを生むもののために使いたい」という意識が強くなりました。

ログを取るだけで、こんな変化が自分に起きるとは思いもしませんでした。

結果、だらだらした時間が少なくなり、以前よりも充実した時間を過ごすことができていると感じます。

最後に、TaskChuteを使うことで私に起きた変化について、もう一度まとめてみましょう。

●「ここに、すべてがある」という安心感
●「で、今なにすればいい?」が即分かる
●「もう二度と同じ失敗をしない」という安心感
●「考える時間」と「やる時間」が分離でき、ムダが減る
●「時間を大切に使おう」と思うようになる

これが、TaskChuteのビフォー、アフターで変わったことです。

このシリーズ「タスクシュートと私」の記事一覧

  1. タスクシュートと私
  2. 私がタスク管理を始めた理由
  3. 緊急×重要マトリクスでtodo管理すると失敗する理由
  4. GTDに挫折した理由と解決策
  5. タスクシュート(TaskChute)との出会い
  6. タスクシュートでこう変わった!ビフォー&アフターまとめ

またタスクシュートの効果や使い方をまとめた記事はこちら。
参考:エクセルベースのタスク管理ツール・タスクシュートの使い方まとめ