「ストレングス・ファインダー」というのをご存知でしょうか。

質問に答えていくなかで、自分の強みを5つ教えてくれる、というサービスです。

残念ながら無料ではなくて、『さあ、才能に目覚めよう』や『ストレングス・リーダーシップ』といった本を買うと、シリアルコードがついており、そのコードをwebで入力すると受けることができます(一つのシリアルコードにつき一回しか受けられないので、中古を買うと受けられないことがあります。ご注意ください)

 

一番最初に受けるのであれば、本自体がストレングス・ファインダーの説明のようになっている『さあ、才能に目覚めよう』がよいでしょうか。

ストレングス・ファインダーとは

ストレングス・ファインダーは、アメリカの世論調査を行う会社ギャラップが開発した、名前の通り「強み発見サービス」です。

34の資質のなかから、自分の強み上位5つを教えてくれます。

ここでの「強み」というのは、「目に見えるスキル」ではなくて、もう少し根っこにある「資質」です。

考え方のパターンや、人との関係のつくり方、どういったときにモチベーションが上がるか、といったような、自覚するのが難しい「自分のパターン」を教えてくれます。

やってみた結果

私の場合は、次の5つが強みとして表示されました。

責任感
あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。

 

個別化
あなたは個別化という資質により、一人ひとりが持つユニークな個性に興味をひかれます。あなたは一人ひとりの何が特別でどこが個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人の違いに注目します。

 

最上志向
優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。

 

未来志向
「もし・・・だったら、どんなに素晴らしいだろうなぁ」と、あなたは水平線の向こうを目を細めて見つめることを愛するタイプの人です。

 

包含
「もっと輪を広げよう。」これはあなたが人生の基本としている信念です。あなたは人々をグループの中に包含し、その一員であると感じさせたいのです。

 

SFを受けて変わったこと

まず、ストレングス・ファインダー(SF)を受けて変わったのは、「割り切れるようになった」ことです。

以前は、「自分に苦手なことがある」のを「ダメなこと、改善しないといけないこと」だと思っていました。

けれど、今ではあまりそうは思わなくなりました。いろんな個性がある以上、誰しも苦手なことがあるのは当たり前のことだし、だからこそチームで助け合いができるんだ、くらいに思えるようになりました。

 

また、以前は「弱み」だと認識していたことの中にも、「本当に苦手な部分」と「強みが空回りしている状態」の2パターンがあると気づくことができました。

例えば、私の場合、強みであるはずの「責任感が空回りする」というケースがあります。

責任感は、「言ったことを必ずやり遂げたいと思う」という資質です。

それがプラスに働いているときには、「約束を必ず守る人」という信頼感を生み出すことになります。

ただ、逆に働いてしまうと「できると確信できないことは引き受けない」といったように、「狭さ」になってしまうこともあります。

以前は、そうした自分を「臆病だ」と思ったりしていましたが、今では「ああ、責任感が空回りしてるなぁ」と受け止めることができるようになりました。

 

そう受け止めることができるようになったら、途端にすごくラクになりました。「自分をそのまま受け入れることができるようになった」と言ったらいいでしょうか。

「自分」の姿を映す鏡として、ストレングス・ファインダーはとても優秀なツールだと思います。本を買う必要があるとはいえ、気軽に使えるツールの一つなのは間違いありません。ご興味があれば、お試しください。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!