ここ数日、仕事が忙しくて、ブログを書く時間がなかなか取れませんでした。

こういった「突発的に忙しくなる」というのは、普段どんなにタスク管理をしていても、起きてしまうときには起きてしまうものです。

でも、書けなかったにもかかわらず、ブログの更新は続けることができました。まったく無理をすることなく。

種明かしをしてしまえば、それができたのは「あらかじめ記事をストックしてあった」からです。

バッファを持つことで無理を減らす

私は、このブログを運営するにあたって、一週間に4記事の更新を目安にしています。

が、毎日順調に書ける日ばかりではないので、二週間分の記事、つまりは8記事のストックを常に持つようにしています。

だから、自分がまったくブログを書けない日々が続いたとしても、二週間は更新し続けることができます。

二週間分のバッファを持っているということです。

この「バッファを作る」というのは、「無理をせず続ける」ためにとても大事なことだと思います。

ブログの更新だろうが、お金だろうが、時間の使い方だろうが、常にバッファを作ることを意識しておくと、何かを急に差し込まれた場合でも、ペースが乱れるのを最小限に抑えて、対処することができます。

お金の例で言えば、急な冠婚葬祭や、家電の故障などがあっても、貯金とは別枠で「突発的な出来事に対応するためのバッファのお金」を用意してあるので、困ることはありません。毎月ちょっとずつ積み立てることで、いつの間にかそれなりの金額になっています。

時間の使い方も、あまりスケジュールを詰め込み過ぎないように、締切には余裕を持たせるように、いつも意識しています。

 

バッファにこだわるのは、ひとえに「無理をしたくない」からです。

無理なくできるとき、余裕があるときに、バッファを作っておくことで、将来自分に余裕がなくなってしまうことがあれば、助けることができます。

「無理をしてでもやるんだ!」という考えもあろうかと思いますが、そうすると高確率でペースが乱れてしまうというか、無理をした後に反動がきて、やりたくなくなってしまったり、気晴らしをしないとやっていられなくなることが多いです。

なので、私は極力無理をしなくていいように、バッファを持つことにこだわっています。

一度バッファを作ると、何かあったときにも無理をする必要がなくなるので、とてもラクです。逆にバッファのない生活をしろと言われたら、怖くてできません。

「無理なく楽しく続ける」を実現するために、いろんな方法がありますが「毎日少しずつ将来の余裕のもとを積み立てておく」ことも、間違いなくそのための力になります。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!