今回は、THERMOS(サーモス)の真空断熱タンブラーをご紹介します!

だんだん気温が上がって、夏が近づいてきた感じがしますね。

このシーズンになると、PCの前に座って作業をしているとき、手の届くところに、冷たい飲み物を置いておきたい。コップに氷を入れて、キンキンに冷やしたお茶をぐいっとしたい。

でも、今までは正直、抵抗がありました。結露して、コップのまわりがびしょびしょに濡れるからです。油断して近くに書類があったりすると悲惨です。ふにゃふにゃ。

だから、コップを置くときには、コースターを置いたり、近くに紙を置かないようにしたり、いつも気をつけていました。

けっこうなストレスだったんですよね。というわけで、「結露しない」とウワサのアイツを手に取りました。

THERMOS 真空断熱タンブラー

すでにAmazonのレビューでも、絶賛の嵐で今さら感はあるんですが…いや、このシーズン、褒め称えずにはいられない!

どんなに冷たいものを入れても、本当に、一滴も結露しない。紙の上に置いても、大丈夫!

これには感動しました。今まで気をつかっていたのは何だったんだろう、って。

それに、保温もバツグン! 予想以上です。タンブラーで普通に上が開いたままなのに、一時間以上も冷たいまま。

もう一回これを使ってしまうと、ほかのコップを使う気がまったく起こりません。

欠点をあげるなら「洗いにくい」

大絶賛といってもいいくらい気に入っているんですが、あえて欠点をあげるとするなら「洗いにくい」という点です。

私が使っているのは、400mlのものなんですが、高さ14.5cm。

保温性を高めるための工夫でしょうが、深さのわりに飲みくちが細め(7.5cm)なので、手を入れてスポンジで洗うのがけっこうやりにくい。

とは言っても、そんなマイナスがあっても全然気にならないくらい保温力が高いので、毎日使っています。

ただでさえムシムシする暑い夏。小道具でちょっとでも快適に過ごしましょう!