今回は、「村上祥子のだしポット」をご紹介します。

かつお節と昆布を入れて電子レンジでチンするだけで、一番だしが取れる優れもの。

もともとは、離乳食を作るときに出汁が必要になって購入しました。

もう離乳食の時期は過ぎているんですが、手軽なのと、やっぱり美味しいので今も使い続けています。

電子レンジで7分!すぐに一番だしができる「だしポット」

村上祥子のだしポット。

Amazonで約2,000円ほどです(2016年9月時点)

セット内容

だしポットを買うと、以下の3つが入っています。

  • だしポット本体の耐熱容器
  • ストレーナー(漉し器の部分)
  • フタ(兼ストレーナー置き)

フタがストレーナー置きになっているのが地味に便利。村上祥子のだしポット

だしポットの使い方

使い方も簡単。

▼まず鰹節を10g入れます。だしポットとかつお節

お次は昆布。

▼説明書には、3cm✕3cmを2枚と書いてあるんですが、そんなに細かく測れないので適当に。だしポットの使い方

▼鰹節と昆布を入れたら、水を700mlのラインまで入れます。かつおと昆布だし

あとは、電子レンジに入れるだけ。

▼700mlまで水を入れた場合には、600wで7分です。電子レンジで一番だし

7分経つと、出汁の出来上がり! いい香り!

地味に便利なのが、電子レンジから取り出すとき取っ手を直接握っても熱くないこと。

やけどする心配がないのは嬉しいです。

▼また、ストレーナーが本体にひっかかるように作られているので、最後の一滴まで出汁を取ることができます。7分で一番だし

出来上がった出汁がこちら。

最初に鰹節や昆布を入れてから水を入れているので、実際にできるだしの量は600mlほどです。村上祥子のだしポット

まとめ

もちろん本格的に取った出汁には敵わないでしょうが、普段使いには電子レンジ7分っていう手軽さが大きいです。

ダシを簡単に取るには、水出しする方法もありますが、水出しだと冷蔵庫で一晩おいておく必要があります。

だしポットだと、「あ、だし!」と思ってから、すぐに作れるのが嬉しいところです。

もし作りすぎてしまっても、冷凍して取っておけるので、作り過ぎを気にすることもありません。

だしポット、便利ですよー!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・5月:残1名

・6月:残1名

・7月:残3名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!