夢を考えたり、未来のことを想像するのが私はとても好きです。

強みを教えてくれるテスト、ストレングス・ファインダーを受けたことがあるんですが、私の上位には「未来志向」が入っているので、特にそう感じるのかもしれません。

未来のことを考えているだけで楽しくなってきます。

そんな私が、特にワクワクする夢の描き方があります。

それは「”合格体験記”を先に書く」という方法です。

やりたいことをイメージせよ…?

よく「目標が実現したところを、細かいところまでありありとイメージしてみよう」というアドバイスがあります。

ただ、私は「イメージする」という作業があまり得意ではありません。

ぼやっとしたワンシーンしか出てこないんですよね。そんなわけで、「イメージしましょう」という類のアドバイスに接するたび、困ったなぁと思っていました。

そんなとき「”合格体験記”を書いてみる」という方法を知りました。

合格体験記といえば、受験生が志望校に合格したあと、自分の体験談を振り返って書くもの。

それを、試験が始まる何ヶ月も前に合格体験記を書いてしまう。

こうすると「合格した姿をイメージしてみましょう」よりも、はるかに細かいところまで考え、イメージをふくらませるようになるんです。

なるほど、この方法なら絵でイメージをするのが苦手でも、文字を書きながらのイメージだから、できるかもしれないと思って、やってみたところ大正解。

普段から楽しい目標設定の時間が、さらにその何倍も楽しい時間になりました。

“合格体験記”方式のメリット3つ

やり方はとても単純で、例えば3年後に目標をすべて実現できているとして、そのときどんな生活をしていて、どんな工夫をして目標を実現してきたのか、3年後の自分になりきって書く、というような具合です。

今から3年後ということにすると、2017年の自分がどんな目標を達成したのか。どんな生活をしているのか。目標を達成するまで、どんな工夫をしてきたのか。そんなことをイメージしながら、2017年時点の自分が、この3年間を振り返って書く、という形になります。

この方法で書くと、画像でのイメージや箇条書きに比べて、次の3点で大きなメリットがあると感じます。

  1. 画像を想像するよりも、イメージしやすい
  2. 欠けているピースが分かる
  3. 何よりも、楽しい

画像を想像するよりもイメージしやすい

「ありありとイメージしてください」と言われても、漠然としていて、なかなかイメージできなかったりするものです。

でも、合格体験記を文字で書くという設定になると、毎日何をしているのか、仕事はどうなっているか、家庭はどうか、また、そこに行き着くまでに、どんな工夫をしてきたのか、そういうのを一つ一つ想像して考えていくことになります。

「ありありとイメージしてください」というだけでは難しい、細かいところまで、イメージしていくことができるんです。

しかも、すべてを同時にイメージすることは難しいですが、文字であれば一つ一つのパーツごとにイメージをふくらませていけばいいので、難易度も格段に下がります。

欠けているピースが分かる

“合格体験記”を書いているときに、どんな工夫をして目標を達成したのかスラスラと書けた部分については、もう「実行あるのみ」になります。

「書ける」ということは、目標に向けて何をすればいいのかが、自分のなかで分かっているということだからです。

ただ、書けなかったものについては、先に情報収集が必要になるでしょう。

「書けない」ということは、何をしたらいいのかを自分でも分かっていないということだからです。この場合には、すでに達成している人の話を聞いたり、本を読んだり、おおざっぱでもいいので、「道筋」を描いてみる。

この「自分が分かっていない部分、知識が足りない部分がどこなのか明確に分かる」というのも、とても大きなメリットです。

何よりも、楽しい

また、結局はこれに尽きますが単純に楽しい!

さらに「楽しさの保存」ができます。

頭のなかで、画像でイメージをするとどうしても保存ができません。振り返ろうと思ったら、また改めてイメージしなおすしかありません。

箇条書きで目標を書くのはシンプルでいいんですが、後で読み返しても「ワクワク感」を再現するのは難しいです。

ところが、この”合格体験記”方式だと、あとで読み返しても、書いている時に自分が感じていたワクワク感が、かなり鮮やかに蘇ってくるんです。

自分で書いた”合格体験記”をモチベーションが低いときに読み返して、何度救われたか分かりません。

 

今回は、夢を描くときに、画像でのイメージや、箇条書きもいいけれど、”合格体験記”方式だともっと楽しい!というお話でした。

一年後の自分になりきって、やりたいことをやり切った自分の”合格体験記”を書いてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!