今回は、貯金のコツをまとめましょう。

私は今でこそ年に150万円ほどの積立ができていますが、以前は大の苦手でした。お給料日前、月末の残高が数百円のレベル。「ああああああ…」という経験が何度もあります。

でも、何度もそういう経験をしているうちに、いい加減に嫌になりました。

「もっと心に余裕がある生活をしたい」と思って、お金の管理に手をつけて、徐々に変わっていくことができました。

そこで、貯金できなかった自分が、貯金できるように変わったコツをシンプルに3つ、まとめてみたいと思います。

シンプルな貯金のコツ5つ

  1. 先に貯金、お金は余らない
  2. お金を引き出すのは月に一度
  3. 節約は頑張らない
  4. 収入が上がったときにするべきこと
  5. 貯金を守るために「想定外の支出」に備える

先に貯金、お金は余らない

まず、何はなくともこれ。

「余った分を貯金しよう」とすると、貯金するのはものすごく難しいです。

そもそも「余るお金」なんてないからです。

私たちの「欲しいモノ」や「やりたいこと」「受けたいサービス」をカウントしてみてください。どんなに控えめに見積もっても、余るお金なんて出るはずがないんです。

だから、お給料が振り込まれたら、まず貯蓄分を差し引く。一番いいのは、銀行の自動引落しサービスを使って、「意識しなくても自動的に貯金される仕組み」を作ること。

そして、残りの分で生活を組み立てていきます。

お金を引き出すのは月に一度

残りの分で生活を組み立てるときに、一番いいのはきっちりと家計簿で管理できることでしょう。

ただ、現実問題、家計簿って面倒くさいですよね。

だから、もう少しラクな方法を方法を考えましょう。私がオススメしたいのは、「お金を引き出すのは、月に一度だけにする」。

月に一度しか引き出さないなら、「これは食費。これは光熱費。これは消耗品費」というように、大まかにでも予算を考えることになります。

最初の頃は、予算と支出がズレてしまって、結局銀行に行かざるをえなくなるということも起こるでしょう。

けれど、それでもいいんです。

「予算と実際の支出がズレていたと分かる」ことが大事。

ズレが分かれば、自分の予算の見積もりが甘かったのか、それとも無駄な支出をしてしまったのかを自己チェックできるようになるんです。

それを繰り返しているうちに、「無理なく守れる予算」というのが自然とできてきます。一度、無理なく守れる予算ができてしまえば貯金は成功したも同然です。

節約は頑張らない

「無理なく守れる予算」の大切さを強調しましたが、「がんばる節約」はどうやったって続きません。

「食費を1日あたり300円にする」とか、雑誌の節約特集にはよくそんな例が登場しますが、真似しないほうが無難です。

だから、もし節約するなら「がんばらなくてもできる」ところをこだわりましょう。

固定費と言われる部分ですね。

例えば家賃。一度安いところに住めば、頑張らなくても節約できます。通信費を、格安SIMに変えて抑えるのでもいいでしょう。とにかく「努力が要らない節約」をがんばったほうが絶対にいいです。

収入が上がった時にするべきこと

さらには、収入が上がったとき、これが最大の貯金チャンスであり、一番油断しがちなポイントです。

今まで、上がる前の収入で生活できていたのなら、上がった分の収入は貯金に回すことができるはず。

なのに、ついつい生活レベルを上げてしまって、一度上げてしまった生活レベルを下げるのは難しい…結局、貯まらないということになってしまいがち。

「収入が上がったときには、まず上がった金額の3割は貯金に回す」等、生活レベルを上げる前に貯蓄の額を上げましょう。生活レベルを上げるのは、その後で。

貯金を守るために「想定外の支出」に備える

ここまでで貯金はある程度できるようになっているはずです。

最後のコツは、せっかく作った貯金を守るためのルール。

それは「貯金を守るためのお金を用意する」こと。

まとまったお金が手元にある時というのは、どうしても油断しやすいものです。しかも、ちょうどそんなときに、家電が壊れたり、冠婚葬祭への出席があったり、まとまった出費が起きたりします。

そうすると、せっかくの貯金を取り崩さないといけなくなります。でも、取り崩し癖がついてしまうと、貯金はいつまで経っても増えません。

想定外の支出というのは必ず発生するので、貯金とは別に「急な出費のためのバッファ」を少しずつでも積立てておくのがベターです。それさえあれば、貯金を守ることは難しくありません。

 

以上、貯金をするための5つのコツでした。

お金と上手につきあって、「お金の心配をしなくてもいいくらいのお金」を確保しておきたいですね。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・6月:残0名

・7月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!