このブログを本格的に更新しはじめて、約半年。記事数も先日、100をこえました。

短いながら、いろんな出来事があったなぁ、と思います。

先日書いたちょうど100本目の記事では、このブログで、何が読まれたのか、個人的に思い入れのある記事はどれか、など、記事の内容を振り返りましたが、今回は、「ブログの更新を続けていて起きたステキな出来事」を振り返ってみたいと思います。

 

シゴタノ!で引用してもらい、ビビる

一番最初に起こって、驚いたのは、これでした。

まさか自分の書いた記事が、あのシゴタノ!で引用されるなんて…。

セブン-イレブンの駐車場で、お昼ごはんのサンドイッチを食べながら、何気なくiPhoneでGoogleアナリティクスを見ていたら、見たこともないような数字が出ていました。

「何があった!?」と思いながら、Twitterを見ていたら、シゴタノ!の「TaskChuteを楽に使う」という記事が目にとまり、自分のブログが引用されてたので、「これかー!」と思い、もう嬉しいやら、びっくりするやら、ビビるやら。。。

ブログを書くことの楽しさを、当時の自分に強烈に印象づけてくれた体験でした。

 

ブログ「流れるような一日を」で、ブロともとして紹介していただく

島根の司法書士ブロガー、坂根さん(@sakane0958)のブログ「流れるような一日を」で、ブロともとしてご紹介いただいたことも、とても嬉しかったです。

しかも、坂根さんの紹介文はとっても的確で、ズバリこのブログのコンセプトを書き表してくださいました。

流れるような一日を|ブロとも

「流れるような一日を」は、私がまだTaskChute初心者だったときに、何度も参考にさせていただいたブログだったので、そこで紹介していただくのは、ウェブを眺める側から、情報発信をする側に変わったんだなぁという実感があり、ちょっと特別な嬉しさがありました。

 

ともさんのRESNOVAE!で寄稿をスタート

この10月から、ともさんが運営されているブログ「RESNOVAE!」で寄稿をスタートしています(2016年3月14日追記。今はブログを「トモ流」に変更されています)

寄稿に興味はありましたが、自分に関係してくるのはもっと先のことだと思っていたので、予想以上に早い展開にびっくりしつつも、楽しんでいます。

「あのブログの読者さんにはどんな人が多いだろう」

「何を書いたら面白いと感じてもらえるだろうか」

そんなふうにいろいろと妄想をしながら、記事を書くというのは、自分のブログに書くのとはまた違った面白さがあります。「どんな人が読んでいるんだろう」「どんな切り口だったら、自分も楽しんで書けるし、読む人にも参考になるだろうか」と、自分の書けるコンテンツを見つめなおすことになりました。

この見つめなおし作業が、楽しかったですし、自分にとっての発見もありました。

また、書き終わったあと、自分の書いた記事を人のブログで読むというのも、とても不思議な気分で新鮮でした。

 

まとめ

この半年間を振り返ると、「ブログをしていなかったら決して出会えないような人とのつながり」をいくつも経験しました。

ステキな人とのつながりが生まれたら、そこから予想もしていないような展開が待っている。そんなことを実感した半年間。

そうしたステキな出会いを楽しみにしながら、今後とも、「夢をデザインして、近づく!」をテーマに、ブログを運営したいなと思います。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・4月:残0名

・5月:残1名

・6月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!