こんにちはー。最近、金融の仕事と、コーチの仕事でひっちゃかめっちゃかなはぎです。

さてさて、すっかり忘年会シーズン。

なかなか肝臓が休まらない人も多いんじゃないでしょうか。

私はあまり飲み会に顔を出さないので、今年の忘年会は一つだけ。

すでに終わったんですが、その時にふと感じたことがありました。

それがタイトルにも書いた「とりあえずビールを選ばない勇気」です。

笑っちゃうような小さなことだけど、けっこう大事かもなって。

とりあえずビール…って?

忘年会の始まりは「とりあえずビール」から始まること、多くないでしょうか。

飲めない人は、とりあえず麦茶かもしれませんが。

いや、とりあえずビールでも、ビールが好きならそれでいいんです。

が、それほど好きでもないのに「とりあえずビール」と言ったりします。

どうしてでしょうね。

みんながビールを頼んでいる中、自分だけ別のものを頼みにくいから?

まずはビールで乾杯するのが定番だから?

「好き」よりも「無難」を選ぶクセ

私は、ビールより日本酒やワインのほうが好きです。

けれど、前はやっぱり「とりあえずビール」って言っていました。

いきなり日本酒やワインを頼むのは結構、勇気が要りました。

「居酒屋でワイン飲む人なんて初めて見たよ」とか「いきなり日本酒ですか」なんて言われたこともあり、そういう突っ込みを受けるのがすごく嫌だったので。

とりあえずビールを選んでおけば誰かに突っ込まれることもないし、と。

とても小さなことです。

笑っちゃうくらい。

けど、そんな小さなことでさえ、自分の好みよりも「突っ込まれないほう」「無難なほう」を選んでいたんだなーと。

「自分らしく」なんて大げさな言葉じゃなく

私は今、コーチという仕事をしているので、自分らしく生きよう、とか、自分の軸を大事にしよう、といった話をすることが多いです。

けどね、そんな大げさな話じゃないのかもしれない。

みんなが「とりあえずビール」って言ってる横で、「じゃあシャルドネをグラスで」と頼んじゃう勇気。

みんなが残業している中、お先に失礼しますって言う勇気。

みんなが「これいいよね」って言う中で、私はこっちのがいいなーを選ぶ勇気。

そんなちっぽけな勇気の積み重ねが、自分らしい人生を作っていくんだろうなぁ、なんて。

みんながビールを頼む中、1人だけ白ワインを頼みながら、そんなことを感じたのでした。

すっごいアウェイ感だったけど(笑)

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!