変わったタイトルをつけてしまった。

そう、一応は広島ぶろがー会についての記事なんです。

僕が、イチさん、ぞえさんと一緒に主催している広島ぶろがー会は、ほんのちょっとしたきっかけから生まれました。

「広島にブロガーのイベントがないのは寂しいので、リアルで集まれる場を作りたいですよね」って話から。

主催に恵まれ、参加者に恵まれたおかげで一年近く続けることができています。

そんな中、最近ふと、自分にとって広島ぶろがー会って何なんだろうって考える機会がありました。

その結果、行き着いたのがタイトルにした言葉だったんです。

「僕の原風景にあるもの-ばいきんまんと悪代官と広島ぶろがー会」

お話ししましょう。

昔、昔のあこがれ

昔、昔のこと。

僕には、あこがれの存在が二人いた。

二人とも、知らない人はいないくらいの超有名人だ。

一人は…人なのかどうか分からないけど…ばいきんまんだ。

もう一人は、悪代官だ。

ばいきんまんは英雄だった

小さいころ、ばいきんまんは僕のヒーローだった。

すごい。天才だ。

どんなメカでも自分で創り上げる。

それに比べてあんぱんまんはどうだ。

毎回パンチを繰り出すだけじゃないか。

何にも面白くない。

けれど、ばいきんまんは工夫する。

ありとあらゆるメカを作って、あんぱんまんに戦いを挑む。

毎回負ける。

それでも、あの「発明しつづける姿」がかっこよかった。

悪だくみをしつづける姿に憧れた。そんなふうになりたかった。

小学生の僕は「ばいばいきーん」って叫んでいた(ブログに書くための誇張じゃない。本当に叫んでいた)

「おぬしも悪よのぉ」

僕のもう一つの憧れは、悪代官だった。

「お主も悪よのぉ」。

この言葉が、強烈に僕を魅了した。

こんな言葉を言い合える仲間がいたら、一緒に悪だくみする仲間がいたら、絶対にめちゃくちゃ楽しい。

せまーい秘密基地を作って、2人とか3人でこんなことやろーぜーって密談する。

「お前、そんなこと考えつくなんて天才だな」

「お前には負けるよ」

そんなやり取りができる場があったら、楽しすぎてやばい。

「こんなことできたらいいよな」って未来を妄想するのが、僕はぞくぞくするくらい好きだ。

広島ぶろがー会という秘密基地

僕の原風景にあるのは、きっとばいきんまんと悪代官だ。

広島ぶろがー会を主催して、特に前回の「魅力即売会」を通じて、自覚した。

どうしてぶろがー会を主催しているんだろう。

何がそんなに楽しいんだろう。

その答えが見つかった気がした。

一緒に主催しているイチさんとぞえさんにとって、広島ぶろがー会がどんな位置づけなのかは分からない。

けれど、僕にとっては「悪だくみをする秘密基地」なんだ。

偏愛マップのワークをやりながら本当にそう思った。

やっぱり好きなものを話す時って、目が違う。

輝いていて、見るからにうきうきしていて。

好きなものを語るときは、みんな子供に戻る。

ちょっと照れたり、ちょっとはにかんだり。

けど、嬉しいのを隠しきれてない。なんだかニヤニヤしてる。

そんな姿を見ながら、僕は、自分の原風景を見ていた。

場所を作る楽しさ

ちょっとした悪だくみをして、いたずらをして、お互いに「お前天才だな」って言いあう場所。

無邪気に好きなものを語れる場所。

一人ひとりが、ユニークな個性を持った「特別な人」として扱われる場所。

好きなことを好きって言ったら、「いいね!」が返ってくる場所。

どんなにバカげた悪だくみ(例えば世界征服!)を語っても、絶対にバカにされない場所。

応援してもらえる場所。

上手くいかなくても、「それならこれでどう?」って工夫が出続ける場所。

正義の味方だとか、世の中の常識だとか、そんなものに負けてしまっても「そこ」に戻ってきたら元気が出る場所。

「悪だくみを語りあう秘密基地」

それが、僕にとっての広島ぶろがー会なんだ。

「こんなことやったら面白そう!」ってたくらんで。

「それいいね!」

「やってみよー!」

「ふはは、お主も悪よのう」みたいな。

そんなやり取りが、世界を楽しくする悪だくみが、ちょっとした”いたずら”が、とてつもなく楽しいんだ。

次回の広ぶろは「野望の会」

次回、広島ぶろがー会は、普段胸に秘めている野望を外に出してみる「野望の会」。

プロコーチの大下千恵さん(よーんさん)をお招きします。

参考:よーんさんのプロフィールはこちら

ニヤニヤが止まらないと話題の野望の会は、東京、京都、福岡で開催され、今回の広島(6/18)、次回は名古屋(7/2)!

参考:野望の会 in 広島 feat.広ぶろ〜ねぇねぇ、その野望出しときんちゃいや。編

なんと名古屋は告知即日に埋まってしまう人気ぶり。

広島はまだ少しお席がありますので、ご興味があれば一緒に野望を語って(・∀・)ニヤニヤしましょうー!

なお、広島野望の会は6/14が締切ですのでお気をつけて!

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・4月:残0名

・5月:残1名

・6月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!