今回は、自宅で簡単にできる運動グッズをご紹介します。

もともと運動不足気味だったんですが、最近それがピークに達し、まったく体を動かさない日が増えていました。

まずいなーと思いつつ放置していたら、どんどん集中力は落ちてくるし、疲れやすいし、さすがにマズイと感じて対策をすることにしました。

けれど、今まで全く運動をしていない自分にとっては、ランニングをするとか、がっつりジムで運動するといったことはハードルが高い。

いきなりハードルが高いものに挑戦すると、ほぼ間違いなく失敗するので、自宅で簡単に始められること、無理なく続けられることをメインテーマにして、筋トレの習慣から始めてみることにしました。

そこで、今使っているグッズをまとめて紹介してみたいと思います。

1回15分の時短筋トレ・スロトレ

スロトレ完全版

スロトレに関する本は何冊か出ているんですが、私が使っているのは『スロトレ完全版』。

スロトレは、スロートレーニングの略。筋トレをする際に、ゆっくりと体を動かすので、スロートレーニングと呼ばれています。

ご自身もボディビルダーの経歴をお持ちの東大教授、石井直方先生の著書です。

スロトレの特徴はなんといっても「短時間」

スロトレでは回数をこなすことよりも、正しいフォームで丁寧にやることが推奨されています。

正しいフォームといっても難しいものではなく、ひじやひざを完全に伸ばし切ったり曲げ切ったりしないのが最大のポイント。

スクワットでもひざを伸ばしきって完全に立ち上がる前にしゃがみ始める。完全にしゃがむ前に立ち上がる。

こうすることで、筋肉中の血流を制限することができ、激しい運動をしているかのように筋肉を錯覚させることができるのだとか。

実際にやってみると、たかだか10回なのに普通の筋トレに比べてものすごくきつい。

でも、10回は10回なのでとっても続けやすいんですよね。毎回100回とかやっていると億劫になりますけど、10回ならやれる。

また、付属のDVDがすごくいい。再生を押して、DVD通りに体を動かしていけばOKなので。

体力に合わせて選べるように3つのモードが収録されているんですが、

  • EASYで13分ちょっと。
  • STANDARDで12分ほど。
  • HARDで13分半。

どれも15分弱なんですよね。しかも、ダンベル等の筋トレグッズも不要。

本当に手軽にスタートが切れるのが嬉しいところです。

すでに運動をしている人には「物足りない」と思いますが、私のようにまったく運動の習慣が途絶えている人が、まず何からやるか?となったとき、本当に助かる一冊です。

トレーニングマット

筋トレグッズは何も要らないと言っても、マットだけはあったほうがいいなーと思って購入しました。

マットなしで床に直でやると腰や膝が痛い。。。

Amazonで色々と探してみた結果、選んだのがこれ。

トレーニングマットはいくつも種類がありますが、中には薄いもの、ゴムの臭いが強いものもあるようです。

Amazonのレビューとにらめっこしながら、

  • 厚さがあってクッション性が高いもの
  • ゴム臭が気にならないもの

を探しました。

結果、かなり満足できています。

長さ183cm、幅61cmなので、大人が寝転がって使っても十分カバーしてくれます。

厚さ0.6cmで、しかも低反発クッションのような感じ。腰が痛くなったりすることもありません。

また、ゴム臭も全然気になりませんでした。持ち運び用のストラップもついているので、持ち運びを考えている人にはとても便利ですね。

まとめ

運動をまったくしない生活から、コンスタントに運動をするように習慣付けるのは何かとハードルが高いですが、スロトレだったら一日15分弱。

新しいことを習慣化したいときには、「小さな一歩、ベビーステップから始めなさい」と言われますが、スロトレは運動のベビーステップとして最適でした!