今回は、『金持ち父さん 貧乏父さん』の要点を3つだけ抽出してご紹介します。

言わずと知れた有名本ですが、文字が小さい上にそれなりの分厚さがあって、途中不動産の話も多いので、積読になってしまったり、途中で読むのを止めてしまったり人も多いんじゃないでしょうか。

なので、「ズバリこの3つが要点だ!」ということで、簡単に美味しいところを押さえたいなーと思います。

早速いきましょう!

金持ち父さん 貧乏父さん3つの要点

  1. 金持ちは、お金のために働かない。お金に働かせる
  2. 金持ちは、資産を優先的に買う
  3. 金持ちは、まず自分に支払う

1. 金持ちはお金を自分のために働かせる

まず最初のポイント。

金持ちはお金のために働かない。お金を自分のために働かせる。

もちろん金持ちになるような人も、よほどの資産家の家にでも生まれたのでなければ、最初は自分が働いてお金を稼ぎます。

けれど、働いて稼いだお金をどう使うかが違う。

いつまでも金持ちになれない人は、お金のために働き続ける。

一方、金持ちは、稼いだお金を自分のために働かせます。

お金のために働くのか、お金を働かせるのか、最初の発想がまったく真逆。

けれど、お金を働かせるって具体的にどういうことでしょう?

それが次のテーマ、「資産を買う」です。

2. 金持ちは、資産を優先的に買う

お金持ちは、優先的に「資産」を買います。

しかも、本当の資産を。

資産って何?

一般的に「資産」と呼ばれているものの中にも、「本当の資産」と「資産っぽい姿をした負債」があると金持ち父さんは指摘します。

普通は、持ち家や車、株や債権、ゴルフの会員権のようなものでも、まとめて「資産」と括られます。

資産とはポケットにお金を入れてくれるもの

けれど、金持ち父さんはスパっと言います。

「資産はポケットにお金を入れてくれるもの。負債はポケットからお金を奪っていくもの」

要は、キャッシュを生むものが本当の資産であって、キャッシュを生まないものは資産じゃないんだ、と。

これはシンプルでありながら、非常に強力な定義。

すごく分かりやすいですよね。

例えば、何か大きな買い物をするときでも、この基準で考えることができます。

今買ったら、将来、自分のポケットにお金を入れてくれるだろうか? それとも将来ポケットからお金を奪っていくことになるだろうか?、と。

そうすると、買い物の仕方がずいぶん変わってくるんじゃないでしょうか。

「資産を買う」の具体例

「資産を買う」と言われても、イメージがわかなければ、とっかかりやすいものとして「日経平均やTOPIXといったインデックスに連動する投資信託を買ってみる」という方法があります。

月1万円程度からできますし、自動積立もできるので「ほったらかし」でも大丈夫。

個別の株式よりも賭けの要素が低く、かつお金に働いてもらう感覚がつかめると思うのでオススメです。(とはいえ、元本保証は当然ありませんので自己責任で)

参考:私がインデックス投資信託を買い続ける理由

3. 金持ちは、まず自分に支払う

そうは言っても、投資するお金なんか残りゃしない、貯金でさえままならないのに。

そうなんですよねー。

そういう人に、金持ち父さんはこんなアドバイスをします。

「まず自分に支払え」

金持ちになれない人は、いろんな支払いを済ませたあと、余った分を自分に払う(自分のために使う)というスタイル。

けれど、余ることなんてそもそもないし、もし余った場合でも「余った」と思った瞬間に、消えてなくなってしまうのが普通です。

参考:時間とお金を簡単に失う、誰もがやりがちな考え方

それに対して、金持ち父さんは「余ることなんてないんだから、まず自分に支払え」と言います。

貯金の王道とも言われる「自動で天引きされる仕組みを作る」のと一緒ですね。

先に貯金する分を取り置けば、ちゃんと貯まっていく。

けど、余った分を貯金しようとしたら全然貯まらない。

それを「まず自分に支払え」と言っているわけです。

まず自分に支払って、資産を買うために使え、と。

まとめ

というわけで、名著『金持ち父さん、貧乏父さん』を次の3つの観点でまとめてみました。

  1. 考え方:お金に働いてもらう
  2. 行動方針:資産を優先的に買う
  3. すぐにできる一歩:まず自分に支払う

この3つのポイントだけでも十分、お金の流れを変える力を持っています。

『金持ち父さん 貧乏父さん』

お金のリテラシーを高める教材の一つとして、オススメです!