今回は、大人数イベントを楽しみ切るための事前準備をまとめます。

先日、作家であり、プロブロガーの立花岳志さん(@ttachi)が主催する、巨大なる飲み会Dpubに参加してきました。

 

会場の熱気に圧倒されながらも、終えてみれば「本当に参加できて良かった」。

リアルなイベントで生まれたもの

憧れの人に実際に会うことができましたし、広島ぶろがー会も誕生しました。

イベント自体はたった一日。

けれど、そこからいろんなものが派生するのが、Dpubのような大人数イベントの面白さです。

ただ、いきなり飛び込むのは、けっこう勇気がいりました。

なので、今回は大人数イベントに飛び込むときに役に立つ事前準備をまとめておきたいと思います。

大人数イベントに参加するなら準備しておきたいこと

  • とにかく名刺!
  • 事前に知り合いを作っておこう

名刺は最重要アイテム

まず、最重要アイテム、名刺を作りましょう。

もし仮に「イベントに荷物は一つしか持っていけない」と言われたら、私は迷うことなく名刺を選びます。

参考:イベント参加で学んだ、ブロガー名刺作りのポイント!

 

 

大人数のイベントでは、一人ひとりとじっくり時間を取ってお話する時間はなかなかありません。

数分お話できるくらい。

その時に名刺を交換しておけば、あとから名刺をチェックしてFacebookやTwitterでつながることができます。

どうしても名刺を持って行けないなら、逆にその場でFacebookの友達リクエストやTwitterでフォローをしないと、せっかくの人との出会いがその場限りになってしまいます。

事前に知り合いを作っておく

また、大人数イベントは基本知らない人だらけですが、中には、連絡先が分かる人もいるでしょう。

TwitterやFacebookのアカウントを持っている人が多いはず。

いきなりFacebookで友達リクエストを送るのはちょっと唐突ですが、Twitterのフォローなら気軽にできます。

同じイベントに参加するという共通点があるので、フォローしていくだけでも事前に何人かの方とお話できるはず。

全員に話かけるのはさすがにムリだと思うので、次のどちらかに当てはまる人を優先するといいでしょう。

  1. ブログやTwitterを見て、自分と興味が近そうな人
  2. 初参加の人

興味が近ければ話しやすく、相手にこちらのことを覚えてもらいやすい。

初参加の人を優先するのは、「初参加同士、当日よろしくお願いしますー」ということで、仲良くなりやすいからです。

Twitterで事前交流するための2つのポイント

このとき2つポイントがあります。

一つは、自分の名前に「@(イベントの名前)参加」といったように表示をして、「私もあなたと同じイベントに行くんですよー」と相手に一目で分かるようにすること。

もう一つは、Twitterのアイコンは当日の名刺に入れるものと同じアイコンを使うこと。

同じアイコンにしておけば、名刺を出した時点で、「あ、あの人だ!」と分かります。アイコンが、Twitter上の自分と、リアルの自分をつないでくれる感じです。

持ち物の用意

さて、ここまで準備ができたら、あとは当日の持ち物です。

とは言っても、用意するものはそれほどありません。

大人数と交流するようなイベントでは、身軽さが大事。

なので、荷物は少ないほうがいいです。

私が持っていくのは、以下の5つくらいです。

  • 名刺(名刺入れ)
  • iPhone
  • モバイルバッテリー
  • お財布
  • 上記を入れて、身につけられるバッグ

とにかく「両手が自由に使える状態」がいいです。

まとめ

そうして当日を迎えたら、あとはイベントの熱気を感じながら楽しむだけ。

あれこれ書きましたが、最後は単純に楽しむのが一番です。

 

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・4月:残0名

・5月:残1名

・6月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!