今回は「ブログを止めようかと思ったとき、それでも続けられた理由」と題してお送りします。

(この記事は、先日の広島ぶろがー会(第2回)でお話したライトニングトークを書き起こしたものです)

「続けられた理由」をテーマにしたワケ

まず、このテーマを選んで理由からお話ししましょう。

一定の発言力を持ったブロガーは異口同音に「ブログで一番大切なことはやめないこと」だと言います。

ごもっともです。

ただ、「それが一番難しいんじゃー!」と叫びたくなる自分がいます。

私も、このブログを運営して一年半以上が経ちました。

今でこそ、止めようと思うことはありませんが、それまではけっこうな頻度で「もう止めよっかなー」と思っていました。

だから、今までに何度もあった「やめよっかなー」を振り返って、「その時にどんなことを考えて、思いとどまったのか」を整理してみたいと思います。

「止めよっか」と思った3つの時期

「やめよっかなー」と思った出来事はたくさんあって、書き出すとキリがありませんが、特に迷いが強かった時期を3つピックアップしてみます。

  • まずは最初期。ブログを始めて10日から、1ヶ月くらいまでの時期
  • 次は100記事を書いたあたり、半年くらいの時期
  • 最後は、特にこれといった時期はありませんが、忙しくてブログどころではない!という時

ブログスタート直後の悩み

誰も読まないブログを書く意味は?

まず最初期です。

ブログに限らず、どんなことでも、始めたばかりの頃ってすごくヤル気があるんですよね。

ただ、問題なのは、そのヤル気がさっぱり続かないこと。私の場合には、10日ももちません。

当初のヤル気がなくなると、冷静に自分のブログが見えてきます。

一日のPVは10とか20。

しかも、Google Analyticsで自分のアクセスを除外するなんて設定はしていなかったので、半分は自分というような状況。

「こんな誰も読んでいない状況で、書く意味なんてあるんだろうか」

これが最初の危機でしたね。

ブログはストック型メディア

この時に考えたのは、次のようなことでした。

ブログのパワーは「積立」にあるんじゃないか。

記事数が1のブログと、1,000のブログではどちらが強いか。そんなの考えるまでもない。

そういう意味でブログっていうのは、自分がかけた時間が、正直に反映されるメディアなんじゃないか。

最初の頃は、アクセスが少ないとしても、記事数を着実に積み上げていけば、PVも徐々に増えていくだろう。

「まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ」という、わかったブログのかん吉さんの言葉もあることだし、まず100記事、PVを気にするより、とにかく記事を積み上げよう。

そんなことを考えていました。

名の知れたブロガーの初期の記事を読み漁る

ただ、それだけでは、自分を説得しきれなかったので、今は名の知れたブロガーたちの「最初期の記事」を何回も読みに行きました。

立花さんのNo Second Life

夢見るリアリストのjMatsuzaki

するぷさんの和洋風KAI

そういった方々の「初投稿から、三ヶ月くらいまでの記事」を読んでは、「今は名の知れたブロガーにも”よちよち歩き時代”があったんだから」と自分を励ましていました。

100記事書いた頃の悩み

100記事への過度な期待

最初期は「PVをあまり気にせず、とにかく100記事を書こう」と自分に言い聞かせながら乗り越えたわけですが、その反動とも言えるモチベーション低下が100記事のあたりで訪れます。

「まずは100記事!」というのを支えにしているうちに、自分の中で勝手な期待が膨らんでいったんですね。

「100記事くらい書いたら何かブレークスルーがあるんじゃないか」「見える世界が変わるんじゃないか」って。

その幻想が100記事を書いたあたりで打ち破られて、「あれ、こんなもんか」と。

「このままずっとこんな調子だったらどうしよう。こんなに時間をかけてブログ書いてる意味あるんかな」という感覚に襲われたんです。

Analyticsを長期で見る

この時には、Google Analyticsを長期で見るようにして、自分を説得していました。

自分が勝手にブレイクスルーがあるんじゃないかと期待していたので、それに比べれば、現実は全然期待ハズレでしたが、Analyticsのスパンを長期でとって、ブログ開設から今までを「月単位」で表示させると、ゆっくりとではあるけれど、確実に伸びてはいたんです。

それを見ながら「人と比べたらゆっくりかもしれないけど、確実に伸びてる、前に進んではいるんだから」と自分を説得していました。

今から思えば、テーマの違っている他のブログとPV比較をすること自体、「同じ出版物だからという理由で、ビジネス書とラノベの売上部数を比べているようなもので、あんまり意味がない」と思うんですが、渦中にあるときはそんなこと思えなくて、心揺れる日々。

それを支えてくれたのは、長期スパンで表示したGoogle Analyticsと「ちょっとは前に進んでいるはず」という思いでした。

折々に感じた悩み

忙しくてブログどころじゃない

さらには特定の時期というより、折々にですが「仕事が忙しくて、ブログを書く時間なんてないよ」という時もあります。

時間は有限なので、どうしても書けないときもありましたし、特効薬はないんですが、こんなことを考えていました。

仕事はとっても大事だけれど、これをどんなに頑張っても、今の延長線上でしかない。

かたや、ブログを書いていれば、延長線上にない未来へとつながる可能性がある。日常生活では出会えない人と出会えるかもしれない。

だから、ブログにかける30分と仕事にかける30分はまったく質の違う時間なんだ。

なんとかタスク管理を活用して、ブログを書く時間を確保できないか。

ブログを書く作業をルーティン化する

具体的にやっていたことは、このブログでも何度かご紹介したことがあります。

Evernoteでブログネタの発酵プロセスを管理したり、記事のストックを二週間分持っておくようにしたり、といったことです。

まとめ

ここまでが、一年半のあいだに私を襲ってきた「止めよっかな」と、それへの対策です。

最後に、「今でも止めようと思うことがあるか」と聞かれたら、答えは「ありません」。

ブログを通じた出会いを経験して

一番大きなきっかけは、やっぱり「ブログを通じて会いたい人に会うことができた」という体験。

これを実体験してから、「ブログってなんて面白いんだろう」「なんて可能性に満ちたものなんだろう」と素直に思えるようになって、それ以来、やめよっかーなんて気持ちはほとんど起きなくなりました。

今回のライトニングトークが、ブログの面白さを実感する前に出てくる、ちょっとした壁を乗り越えるヒントになれば、こんなに嬉しいことはありません。