今回は、自分を変えたいときにまず読んでみてほしい3冊の本を紹介します。

「このままじゃ物足りない」「何か変えていきたいんだけど」

そう感じたとき、一番ありがちで、困るのは「そうは言っても何から始めたらいいのかよく分からない」じゃないでしょうか。

そんな時「ここから始めたらどうでしょう」っていう「とっかかり」になる本がまとまっていれば嬉しいのになぁ。

そこで、今回は、私が今まで読んできた本のなかで、最初のとっかかりとして読みやすく、しかも面白い本。

今の自分が、昔の自分に「まずはこれを読んでみなよ」って勧める本があるとしたらどれだろう。

そんな観点から「とっかかりになる最初の3冊」をまとめてみたいと思います。

自分を変えたいときに紐解く3冊を選んだ基準

今回は、次のような基準で3冊を選びました。

  • 読みやすい
  • 具体的な「最初の一歩」を考えやすい

読みやすい

今回は、「最初のとっかかりになる本」の候補です。

だから、読書の習慣がなくても読みやすいものを選びました。

スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』や、デール・カーネギーの『道は開ける』など、超定番と思われる古典を外しているのは、読みやすさを考えたから。

最初の一冊を探しているのに、論文みたいな本や、分厚いハードカバーがでてきたら、その時点で萎えてしまうでしょう。

具体的な一歩を考えやすい

読みやすさに加えて、大切だと思ったのは、事例やエピソードが豊富に載っていること。

そのほうが、理屈っぽいものよりも、具体的に「これをやってみようかな」と最初の一歩を考えやすいと思うからです。

それでは、3冊を紹介しましょう!

変化を起こすための全体像

まず挙げたいのは『スイッチ!』。

「変われない」を変える方法、という副題のとおり、変化を起こそうと思ったときに、何をすればいいか、その全体像を分かりやすく示してくれる本です。

秀逸なのは、「象」と「象使い」と「道筋」という喩え。

変化を起こすためには「感情」と「理性」と「環境」にバランスよく働きかける必要があることがよく分かります。

一度でも読めば、もう二度と「できないのは自分の意志が弱いからだ」なんて思わなくて済むでしょう。

また、これでもか!というほど豊富な事例が出てくるので、「これは実践できそう」「応用できるかも」といった事例がきっと見つかるはず。

まさに最初の一冊にうってつけです。

小さく始めて大きく育てる

次にご紹介したいのは、『脳が教える!1つの習慣』。

本書は、『スイッチ!』で全体像を確認したあとに読む、絶好の一冊。

『スイッチ!』で、変化を起こすためのフレームワークは理解した。

「けど、具体的に何からやろう」と迷ったとき、どんなことから始めればいいかをとっても具体的に示してくれます。

 

 

『スイッチ!』が変化を起こす仕組みの「全体像」を提示するのに対して、『脳が教える!1つの習慣』は「今日から何をすればいいか」に力点が置かれているのが特徴。

本全体を貫くのは、「びっくりするくらい小さな一歩から始める」という考え方です。

本書の内容を実践しはじめたら、「きっかけがなくて始められない…」とか「やってみたはいいものの三日坊主で…」というありがちな挫折をかなり防ぎやすくなります。

参考:確実に人生を変える方法、小さな一歩をマスター!書評『脳が教える!1つの習慣』

「やり方」で行き詰ったら「あり方」を見直す

ここまでに挙げた2冊は、どうやったら変化を起こすことができるのか、その方法論を教えてくれる本です。

ただ、「やればやるほど空回りしてる気がするんだけど…」ということもあります。

そんなときには、「やり方」じゃなくて「あり方」を振り返るときかもしれません。

心屋仁之助さんの『がんばっても報われない本当の理由』。

『スイッチ!』や『脳が教える!1つの習慣』は、確かに変化を起こすやり方を教えてくれます。

けれど、『がんばっても報われない本当の理由』が問いかけるのは、「そもそも、その起こしたいと思っている変化、努力の方向性、間違ってませんかー?」ということ。

本当にそれ、自分がやりたいこと?

人に評価されるために、自分を犠牲にするような方向に努力してない?

そんな「あり方」を問いかけてくれる一冊。

「がんばってるのに、空回りしてるな…」と感じたときには、一度立ち止まってみるためにもオススメの一冊です。

まとめ

今回は、とにかく「読みやすく、面白くて、最初の一歩を考えやすい」という視点から本を選んでみました。

自分を変えたいけれど何からスタートしたらいいか困ったときに、きっと役に立つ3冊です!

 

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!