先日、キーボードを東プレのREALFORCEに買い換えました。

REALFORCE 108UBKのレビュー記事はすでに書きましたが、前回書いたのはあくまで普通のレビュー。

今回は親指シフトユーザーの一人として、「親指シフトにどう影響があったか」に絞って、書いてみたいと思います。

iBUFFALOからの買い替え

今まで使っていたのは、iBUFFALOのゲーミングキーボード

使い始めるきっかけになったのは、親指シフトの練習を始めたばかりのとき、親指シフトの伝道師・大東さんが書かれているものくろぼっくすでおすすめされているのを見つけたこと。

「親指シフト向きのキーボードで、コスパ抜群!」と。

正直なところ、最初は親指シフトが習得できる自信がなかったので、格安のキーボードで始めたんです。

「これくらいの出費なら、もし習得できなくても惜しくないや」と(笑)

そんなへっぽこな覚悟ではじめた親指シフトも、挫折を繰りかえしつつ、習得することができました。

今となっては、格安のキーボードで我慢する理由はない。

そこで、キーボードを評判の高い東プレのREALFORCEへと新調したんです。

親指シフトはタッチが軽いキーボードで

REALFORCEで親指シフトをやってみて実感したことの第一は「親指シフトはキータッチが軽いキーボードのほうが断然使いやすい」。

親指シフトの特徴は、「同時打鍵」。

が、キータッチが重いキーボードでは、これがやりにくいんです。

うすうす感じてはいたんですが、今回、キーボードを変えたことで確信に変わりました。

以前から、家のデスクトップPCと、ThinkPadで親指シフトを打ち比べると、ThinkPadで入力するほうが断然やりやすかったんです。

違いは何だろうと思ったら、キーを押すときに必要な力の差じゃないか、と。

なので、「軽いキーボードのほうがやりやすいかな」と思っていましたが、まさしく!でした。

家のPCを、REALFORCEに変えてからは「指で押す」という感じではなくて、「指で軽くさわる」という感じで入力できるので、とってもラクです。

ますます「おしとやか」な親指シフトに

もともと親指シフトはおしとやかな感じがします。

ローマ字で速く打とうとすると、打鍵数が多くなるので、けっこうガチャガチャいいます。

それに比べて親指シフトで打つと、とっても静かだから。

が、キーボードをREALFORCEに変えたことで一層おしとやかになりました。

打鍵数が少ないですし、ホームポジションでかなりの文字が打ててしまうので、大きく手を移動させることもない。

静かに、すーっと自分が言いたいことが文字になって出てくるという感覚でしょうか。

親指シフトのキー入力の少なさと、REALFORCEの入力のラクさ。

あわせることで、メリットが倍増します。

親指シフトは、いいキーボードで

親指シフトを使っている、あるいは、習得を目指しているのであれば、キーボードを打っている時間がかなり長い人でしょう。

それなら、キーボードへの投資は必ず報われると思います。

親指シフトを使うのであれば、いいキーボード、言葉を換えれば、負担の少ないキーボードをセットで使ったほうがいい。

今なら、そう断言できます。

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!