今回は、ロジカルクッキング流の野菜炒めの作り方をご紹介します。

わが家では、毎週土曜日の料理は私が担当。

生まれてこのかた30年近く、まったく料理をしなかった男が、頼りにしたのは水島シェフの『ロジカル・クッキング』

再現性が高くて、レシピどおりにきちんと作れば、シロウトの私でもとってもおいしく作れるというのが、頼りにしているポイントです。

ロジカルクッキングについては、こちらにまとめているので、ご興味があればどうぞ。

参考:料理の初心者でも絶賛される一品ができる!水島弘史のロジカルクッキングって何?

今回は、定番メニュー「野菜炒め」の作り方をレポートしてみましょう!

ロジカルクッキング流・野菜炒め

材料

豚肩ロース肉 60g
にんじん 60g
もやし 120g
キャベツ 60g
パプリカ 60g
ピーマン 20g
きくらげ 30g
日本酒 8g
2g
しょうゆ 6g
黒コショウ 適量
ごま油 小さじ1

作り方

野菜と豚肉を食べやすいサイズに

野菜ときくらげを、もやしの太さに揃えて細切り。豚肉は一口大に。

にんじんは火が通りにくいので、心持ち細めがいいかも。

豚肉を炒める

フライパンにサラダ油をひいて、豚肉を炒めます。出てくる水分や脂をキッチンペーパーで取り除きながら。000235_yasai-itame-1

焼き時間は1分程度で、全体が白っぽくなったら、取り出してキッチンペーパーの上に。000235_yasai-itame-2

野菜を炒める

一度、フライパンをキッチンペーパーで拭いてキレイにしたら野菜類を。000235_yasai-itame-3

サラダ油をかけてから、弱火で8分~10分じっくりと炒めます。

ときどき、上下をひっくり返すように混ぜながら。野菜から水分が出てくるので、キッチンペーパーで拭き取りながら。000235_yasai-itame-4

野菜の量が多いと8分から10分では足りないので適宜延ばしてください。

野菜と豚肉を合わせる

炒めた野菜に、すでに炒めた豚肉を合わせます。000235_yasai-itame-5

日本酒、塩を加えて、弱火で2、3分。

最後に20秒ほど火を強めて、黒こそふ、しょうゆ、ごま油を加えて、混ぜあわせて。

完成!000235_yasai-itame-6

まとめ

何の変哲もない野菜炒めなんですけど、めちゃくちゃ美味しいんです。

味つけは塩としょう油。香りづけにごま油っていうシンプルだけど飽きない味。

食べても食べても止まらない野菜炒めになります。

弱火で炒めるので、強火に比べたら時間はかかりますが、本当に野菜の食感が違います。

しゃきしゃきしていて、野菜の甘みが感じられる。

そんな野菜炒めができますよ!

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!