今回は、ハンバーグにあわせるバルサミコソースの作り方。

めちゃくちゃ簡単なのに、これがかなり美味しいんです。

早速、ご紹介しましょう!

バルサミコソースの作り方

このレシピは、『ロジカルクッキング』の著者である水島シェフが、テレビで紹介していたもの。

『ロジカル・クッキング』は、「調理は科学だ」をモットーに経験や勘に頼るんじゃなく、「書いてある通りに作れば誰でも美味しい料理ができる」レシピをまとめた一冊です。

参考:料理の初心者でもレシピ通りでお店の味!水島弘史のロジカルクッキングまとめ

バルサミコソースも超簡単ですが、味は絶品。

普段のハンバーグが別物のように味わえます。

なお、このバルサミコソースのレシピは、上記の『ロジカルクッキング』の中には載っていませんので、ご注意を。

ただ、ハンバーグの美味しい作り方は載っていますので、ソースだけじゃなくてハンバーグも美味しく作りたい方は要チェックです。

材料

  • バルサミコ酢:25g
  • 塩     0.1g
  • 無塩バター     5g

作り方

バルサミコ酢を強火で加熱

まず、フライパンにバルサミコ酢を入れて、強火で加熱します。

このとき、顔をフライパンに近づけると、物凄い香りというか酸味で、確実に「うっ…」ってなるのでご注意を。

25gのバルサミコ酢が、1/3の8g程度になるまで煮詰めます。

煮詰まったら塩を投入

バルサミコ酢が煮詰まって8g程度になったら、火から外して0.1gの塩を入れます。

塩の量は、ロジカル・クッキングの肝。

「材料の重さ×0.8%」を加えます。

なので、バルサミコ酢の量を変えたときには、塩の量も変えます。

バターを余熱で溶かす

塩を加えたら、無塩バターを入れて余熱で溶かします。

なお、無塩バターがベターですが、なければ食塩入りのバターでも。

食塩入りバターを使うなら、塩は加えないようにしましょう。

完成! めっちゃ簡単!

お味は…

相当おいしい!

砂糖は全然入ってないのに、バルサミコが持っている甘みがしっかり感じられます。

酢のきつい感じはまったくなく、バターの風味がふわっと広がる。

濃厚だけどしつこくない。

そんなソースが出来上がります。

3分もあればできるので、「ハンバーグがいつもケチャップで飽きた…」と感じたときには、ぜひ一度お試しください!

ちなみに、ハンバーグ以外にも、温野菜などと合わせるのもアリです!