今回は、突然、会社で経理の仕事をすることになった人に2冊の本をおすすめします。

私は、ちょっとした会社の設立に携わったことがあり、今もその一員として働いています。

参考:会社設立、どれを読む?会社の作り方を解説した3冊を比較!

立ち上げた会社で私がしているのは、経理。

学生時代に簿記をかじったことがあったので、そんな役割が回ってきたんですが、もう10年近くも前のこと。

簿記の資格を持っているわけでもありません。

ゼロからやるよりは早いと思いますが、おぼろげな記憶を辿りながらの「再勉強」でした。

なので、自分が参考にした本のなかで、突然経理をすることになった方におすすめできる2冊をピックアップしてみます。

簿記初心者におすすめの2冊

簿記の仕組みを学ぶなら

私が一番はじめに簿記の勉強をしたとき、いろんな本を手に取った中でダントツ分かりやすかったのがこれ。

いきなり簿記検定のテキストなんかを読んでも、はっきり言ってちんぷんかんぷん。

簿記にまったく触れたことがない状態からスタートするのなら、「簿記ってそもそも何?」を理解するところから始めるのがおすすめです。

仕組みを理解するのは遠回りに感じられるかもしれませんが、一度理屈が分かってしまえば、その後どんどん知識を仕入れても、理解しながら吸収することができます。

理屈を理解しないままやろうとすると、ほとんど暗記に頼ることになって応用が効かないし逆に大変です。

本書は、すごく分かりやすく簿記の仕組みを解説しているので、さっと読んでおくだけでも、検定のテキスト等が分かりやすくなりますし、実務における仕訳にも入っていきやすくなります。

逆に、簿記の知識がすでにあるのなら読む必要はありません。

実際の仕訳に迷ったら

また、実際の実務で手元にあるとめちゃくちゃ重宝するのがこの一冊。

経理をしていると、「どう仕訳していいのか分からない」って取引が必ず出てきます。

そんなときに辞書のように使うのが本書。

  • 仕訳の具体例がこれでもかと豊富に載っており、ワンポイント解説もあり
  • 個人事業主にも、法人にも対応
  • 索引が充実していて調べやすい

分からないときにはこれを調べれば、ほとんど悩みは解決です。

簿記は取っつきにくい印象がありましたが、一度理解すると本当面白い分野だなぁと感じます。

法人の決算書なんかも面白く読めるようになりますし、学んでおいて決して損はありませんね。

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!