今回は「私がブログを書き続けるために工夫している7つのこと」について。

ブログを書き始めてから、一年ちょっとが経ちました。

さすがに一年続けると、自分なりの型というか「ブログを書くときのルール」ができてきます。

そのルールがあるおかげで、自分なりに楽しくブログを続けることができています。

今回は、「私のブログ運営ルール」をまとめてみましょう。

私のブログ運営ルール

  1. 誤字脱字はゼロにこだわる
  2. 自分ごとを書く
  3. ウソ、誇張は絶対に書かない
  4. 毎日ちょっとでも書く
  5. ネタのストック、記事のストックを作る
  6. 推敲のルールを作る
  7. PVとの付き合い方

誤字脱字ゼロ

まず初歩的なことながら、誰にでもできるし気をつけているのが「誤字脱字ゼロにこだわる」こと。

誤字脱字、確かに些細なことではあります。

多少誤字があっても中身のあるコンテンツだったら面白いし、読みたくなります。

ブロガーにも「あんまり細かいことを気にせずに、コンテンツがきっちりしていればいいんだ」という人が多い気がします。

けれど、あえてこだわりたい。

例えば、寝癖がついている人に会ったら気になりませんか?

私は、誤字脱字は寝癖みたいなものだと思っています。

コンテンツは面白い。言いたいことは分かる。

けど、寝癖がついていたらやっぱり気になる。

誰にでもできることだからこそ、”寝癖”なんかに気を取られずにコンテンツを読んでほしいからこそ、こだわっているポイントです。

 

自分ごとを書く

このブログに書く内容は、「自分ごと」です。

ブログのテーマを「好きなこと、やりたいことを今やって、感じたこと、考えたことの記録」と位置づけているので、自然と「こんなことをやってみた」「こんな本を読んだ」「こんなことを感じた」っていう「自分ごと」を書くことになります。

裏を返せば、「他人ごと」を書かない。

例えば、政治的な問題だとか、話題になっている時事的なテーマ。

そういったことはこのブログには書きません。

もし書くようなことがあったとしても、あくまで自分ごととして「私は、こう思う」という形になるはずです。

「あの人はこうすべきだ」といった批判や、悪口めいたものは、書いたところで誰のプラスにもならない。自分も楽しくない。

あくまで「自分ごとを書く」のが、ブログを楽しく続けるためのルールです。

ウソ、誇張は絶対に書かない

また、自分ごとを書くときに、ウソや誇張は書かない、というのも大事なルールです。

カッコよくなくても、生の声を率直に語るスタンスであり続けたい。

もしブログにウソや誇張を書いてしまったら、それがウソだとバレないようにするためにまたウソを重ねることになります。

それじゃあ全然楽しくありません。

本当のことを書くから、楽しく書き続けることができるんです。

毎日ちょっとでも書く

ブログをやる上で一番難しいと言われる継続。

私がこだわっているのは「毎日ちょっとでも書く」こと。

当然、時間に余裕がある日も、ない日もあります。

書くことがスッと出てくる日も、書いては消し書いては消しになる日もあります。

けれど、どんなに時間がなくても、書くことが出てこなくても、「書く時間を毎日作る」のが私のブログ運営の根幹です。

具体的には、「20分のブログ執筆」というタスクが、毎日のタスクリストに入っています。

実際には、20分以上スラスラ書けるときもあれば、全く進まない日もあります。

が、とにかく毎日PCに向かって手を動かす。

そうすれば、日によって波はあってもトータルでは書き進めることができます。

このやり方は、小説家の村上春樹さんが「チャンドラー方式」として紹介されていたものです。

ネタのストック、記事のストックを作る

ブログを書けない日が続いても、更新が途切れないようにするにはどうすればいいでしょう。

私の答えは簡単で、「記事のストックを作っておけばいい」。

ネタのストック、記事のストックを作っておくんです。

料理だと作り置きって普通ですよね。

ブログ記事はよほど時事的なテーマでなければ腐りませんから、もっと作り置きしやすい。

私はEVERNOTEを使ってブログ記事を管理していますが、やり方はお好みで。

このストックがあれば、書けない日が多少続いても焦らなくて済むんです。

推敲のルールを作る

また、推敲のルールを作っておくことも大事。

特にブログ初期に多いと思いますが、「こんな記事でいいのかなぁ」と思っているうちにお蔵入りになった記事、ありませんか?

推敲は大事なことですが、明確に終わりを決めておかないと投稿できないままズルズルと伸びてしまいます。

私の場合は、機械的に「推敲は2回まで、2回見なおしたら投稿する」ルールにしています。

記事に自信があろうがなかろうが、2回見直したらとりあえず投稿する。

このルールは、自分の完璧主義を乗り越えるのに役立ちました。

PVとの付き合い方

最後に、PVとの付き合い方を書いておきましょう。

「気にしない」って言うのは簡単なんですけど、やっぱり気になるPV。

大事なのは、目先の数字に振り回されないこと。

ブログを書くモチベーションを、PVに求めないことです。

PVは、まったくコントロールできません。

時々、謎の急上昇や急減を起こすこともあれば、バズって信じられないくらいのPVが出ることもあります。

 

けれど、それは全部一時のこと。

2、3日もすれば元に戻ってしまいます。

PVが気になるなら、なるべく期間を長く取ってじーっと推移を見るように。

自分のブログが少しずつでも成長しているかどうか、それを検証するために使うようにしましょう。

 

さて、楽しくブログを続けるために気をつけている7つのことをまとめてみました。

ブログに限りませんが、自分の型ができたら何でも続けやすくなります。

自分の「ブログの型」、一度言葉にしてみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

【コーチングについてのご案内】

コーチングについて、ご興味のある方はこちらまで

新規のコーチングの受付状況

・4月:残0名

・5月:残1名

・6月:残2名

なお、その他のお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!