タスク管理ツール・TaskChute

これを使うのと、使わないのとではまったく仕事の進み具合が違います。

あまりにも違いが大きいので、自分の体験をもとに使用感を語るユーザーがあとを絶ちません。

私もこれまでに何回か書いてきました。

参考:エクセルベースのタスク管理ツール・タスクシュートの効果、使い方まとめ

が、今日はちょっと違った視点から書いてみたいと思います。

なぜTaskChuteを使うと、仕事が捗るのか?

私の答えは「できない、がない」から。

もう少し詳しく説明しましょう。

TaskChuteの特徴

記録から計画をつくり出す

TaskChuteの最大の特徴の一つに、「記録から計画をつくり出す」という点が挙げられます。

自分の時間の使い方を振り返ってみれば、「上手くいったかな」という場合もあれば、「やっちゃったな…」というケースもあります。成功、失敗、さまざまあるなかで、TaskChuteにはそのすべてのログが残ります。

そうやってログをつけて、「これを繰り返そう」と思ったものを、リピート設定することになります。

結果として、TaskChuteには「過去に上手くいったことがある」というパターンが表示されることになります。

「実行できたこと」がベースになる

記録から計画を作るとなると、「すでに実行したことがあること」がベースになるということ。

TaskChuteに出てきたタスクについて、もはや「できない」はありません。

なぜなら、すでに自分がやったことがあるパターンなんです。

もちろん毎日がまったく同じ繰り返しということはなく、突然出てくるタスクもあります。

ただ、差し込みされるタスクの量が、ルーチンの量を越えることは稀。

そうなると、TaskChuteに出てくるタスクの一日の8割くらいは「過去にやっていて、しかも自分にとってやりやすいパターン」だということになります。

すでにやっていることなので、「できない」という言葉が出てこないんですね。

「できること」は実行しやすい

「できるかどうか分からないこと」をやるのと、「できると分かっていること」をやるのとでは、気持ちの上で取り掛かりやすさがまったく違ってきます。

前に通った道と同じ道を通るのであれば、「こんな道通れないぞ」とは絶対に思いませんし、無理に急がなくても初めてのときよりも早く到着できるケースが多いでしょう。

それとまったく同じことが、タスクをこなしていく上でも起こります。

「できない」と言う必要がない、「やりやすいパターン」が自動的にできあがる

これがTaskChuteを使ったときに、仕事がはかどる理由の一つです。

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!