このブログを本格的にスタートさせてから一年が経ちました。

初めて記事を更新したのは、2013年の12月15日。

この記事です。

Designer’s Cafe | Designer’s Cafe
そこからいきなり2ヶ月間放置をして、二つ目の記事がこちら。

私が変わり始めた瞬間にあった、一つの決意 | Designer’s Cafe
そこから、さらにまた2ヶ月ブログをさわれない日が続き、定期的な更新を始めたのは、4月27日でした。それからは、定期的に投稿をしています。

ブログの本格更新スタートから一年が経った今、思うこと、感じることをまとめてみたいと思います。

ブログの「成長」

まず一番初めに感じているのは、「ブログが成長するってこういうことか」です。

私のブログは、「夢をデザインして、近づこう」というテーマを持っています。

ハッキリ言ってしまえば、泥くさい試行錯誤の記録です。

自分自身が出会った悩みと解決法や、読んだ本の感想、時間の使い方といった、およそ検索されにくそうな記事が多いですし、バズったりすることも少ないです。

それにもかかわらず、一年ブログを続けていくと、「ああ、ブログが成長するってこういうことか」と実感します。

記事数が増えていくにつれて、いつの間にか、PVが切り上がっていくんですよね。

「最初は、一日30PVくらいで、50PVいったら嬉しい」という感じだったのが、いつのまにか「一日50PVが平常運転で、100PVいったら好調」となり、そのうちに「100PVが普通で、150を越える日もある」という感じに。

もちろん多いときもあれば少ないときもあり、一日とか一週間とか、細かい単位で見ると増減はあるんですが、それでも長いスパンで見ると、じりじりと「平均が切り上がっていく」という感じです。

これはPVや収益を目的にブログをやっていたら「じれったくてやっていられない」くらいの速度かもしれませんが、こんな検索されにくそうなブログであっても、確かに成長していくんだな、と感じます。

「PV≒体重」論

もう一つ実際に運営してよく理解できたのは、「PVは水モノ」ということです。

普通に運営していても、「原因不明でPVが激減して焦りまくっていたのに、何日かしたら戻っている」というような経験をこの一年で三回ほど経験しました。

初回は、青ざめて何が原因なんだろうとあれこれ試したものですが、今では、「あ、またか」という感じです。

いい意味で、PVに振り回されることが無くなったと思います。

たとえが適切かどうか分かりませんが、PVは体重に似ている、と思うことがあります。

体重はPVとは逆に「減ったら嬉しい、増えたらショック」ですが、「目安にしかすぎないくせに、数字が一人歩きすることがある」という意味で、とっても似ているな、と感じます。

例えば、体重が増減することはよくあることです。PVも当たり前のように増減します。

また、「質」の問題が放ったらかしになって、数字が一人歩きする点も似ています。

筋肉質の人は、体重の数字を見れば重たいです。でも、だからと言って、脂肪で太っている人と同じかといえば、まったく違います。PVにも、同じように質があります。

「PVが増えたからスゴい」というのは、体重だけ見て「やった、減った!」と喜ぶのに似ているかもしれません。

体重が健康をあらわす指標の一つに過ぎないように、PVもブログの成長を測る一つの指標に過ぎません。PVも大事ですが、それだけを見ていると、もっと大事なものが見えなくなってしまうような気がしてなりません。

今後のこと

一年運営を続けてきて、今感じることは、とってもシンプルです。

「夢をデザインして近づく」という一本の軸に貫かれた記事を、これからも書いていきたい。

それは泥くさい試行錯誤の記録にしか過ぎないけれど、こういった「ドキュメンタリー」こそが、自分は読みたかった。

なぜ私がこのテーマでブログを書いているのかと言えば、自分が読みたかったのに、なかなか見つからなかったからです。こういった泥くさいお話は、キレイに編集されてしまった本やインタビューにはなかなか出てきません。

だから、これからも書き続けていきます。

夢をデザインして近づく。そんな生き方を選ぶことはできる。

100%叶うかどうかは分からないけれど、夢との距離を縮めることはできるし、それは諦めて遠くから眺めているよりは楽しいと思う。

そんな気持ちと、読んでいただいている方に、心からの感謝の気持ちを込めて。

今後とも、このブログが何らかのヒントになったり、疲れたときの息抜きの場になれますように。

スポンサードリンク

【ご案内】

新規のコーチング受付について

2017年3月:残1件

2017年4月:残2件

2017年5月:残2件

コーチングについて、詳細はこちらから。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!