私は、銀行に大きなお金を置いておけませんでした。

「あったら使ってしまう」からです。

50万円くらいまでは大丈夫でしたが、それを超えてくると、つい財布のひもが緩んでしまう。

ちょっと大きな買い物をしてしまって、50万円以内に戻っている。そんな経験を何度もして、それを変えようと試行錯誤しました。

今では銀行にそれなりの金額が入っていても、「油断して使ってしまう」なんてことはなくなりました。

でも、私の性格が変わったわけではありません。

やったことはただひとつ、たった一枚エクセルのシートを用意しただけです。

なぜ現金の袋分けは上手くいくのか

ヒントになったのは、現金を袋分けして管理する方法。

「食費」の封筒。「消耗品」の封筒。

そんな具合にいくつかの封筒に分けて、お金を小分けにして管理するというやり方です。

この方法が上手く機能するのは、「●●用のお金」というように、「お金にラベルをつける」という作業をしているからだと思います。

「4万円まだ余っている」と思うと油断してしまいますが「今は手元に4万円あるけれど、このうちの3万円は食費で使うし、1万円は消耗費に取っておかなくちゃ」と思うとコントロールしやすくなります。

要は、「余ったお金」と認識してしまうと一気に財布のひもが緩くなってしまうので、それをどうやって防ぐか、というテーマではないでしょうか。

銀行口座を分けるのは面倒

現金の場合には、封筒に小分けにする作戦で上手く機能します。

しかし、銀行預金の場合にはどうすればいいでしょうか。

当然ながら、預金の場合には「封筒で分ける」ということはできません。

その代わりに、口座をいくつか作って、A銀行の預金は生活用、B銀行は貯金用というふうに、銀行ごと、預金ごとに使い分ける、という方法があります。

でも、銀行の口座をたくさん作ると管理が面倒です。

なんとか一つの口座で管理しつつ、封筒と同じように、お金にラベルを貼ることができないものだろうか。

そんなことを考えた結果、次のような方法にたどり着きました。

エクセルシートで「袋分け」もどき

用意するものはエクセルのシート一枚です。

0000188_money-a

まず、一番上に「月末の銀行残高」を入れていきます。

その下には「自己投資」「環境づくり」など、「このお金は●●用」というラベルがついています。

そして、トータルの銀行残高から、どんどん引き算をしていって、純粋に「余っているお金」がいくらあるかというのが、一番下の「口座バッファ」の欄に表示されます。

こうすることで、銀行にまとまったお金が入った状態でありながら、「封筒管理」をしたときと同じように「これは●●のお金」という「小分け」状態を、擬似的に再現できるようになりました。

この方法を取り入れてから、銀行に残高が多めにあっても、財布のひもが緩くなることは減りました。残高が多くても「余ってるな」と思うことがなくなったからです。

しかも、一つの口座でやっているので、複数口座を持つのに比べて管理もラクです。

「預金の残高が増えてくると、ついつい…」という方は、一度お試しください。